V6岡田准一、バラエティーのオファー増える? キャラ変で新境地開拓

2019/6/14 22:03 リアルライブ

画像はイメージです 画像はイメージです

 人気グループ・V6の岡田准一が13日、都内で主演映画「ザ・ファブル」(江口カン監督、21日公開)のスペシャルトークイベントに出席した様子を、各スポーツ紙などが報じている。

 同映画は、主人公の殺し屋が一般社会に溶け込むために奮闘するストーリーで、岡田は今作で初めてコミックの原作に挑戦した。

 イベントでは、岡田が観客からの悩み相談を受けるコーナーも。「ポーカーフェイスの上司と仲良くするには」と聞かれた岡田は、「中森明菜さんのモノマネ。中森さんのマネをすれば、絶対笑ってくれますから」と回答。実際に小声でささやくようなモノマネを披露した。

 さらに、筋トレ方法についての質問では、「おいっ、俺の筋肉!」と、お笑いタレント・なかやまきんに君のネタも披露したというのだ。

 「主演作はコメディーの要素も満載。とはいえ、イベントで岡田がここまで弾けて変顔まで披露したのは記憶にない。バラエティー出演時以外は真面目なイメージだったがキャラ変で覚醒してしまったのでは」(イベントを取材した記者)

 岡田は大阪府枚方市出身。同市の遊園地・ひらかたパークのイメージキャラクター「超(スーパー)ひらパー兄さん」を務めコミカルなCMに出演しているが、全国的にそのイメージは浸透していない。

 「バラエティーに出るのは主演映画の番宣が多いが、笑いを十分に理解しているので、こちらの要求に体を張ってでも応えてくれる。現場の評判は良好」(民放のバラエティー班スタッフ)

 そして、ついにイベントでもバラエティー並みの笑いを提供した岡田。仕事の幅がかなり広がりそうだというのだ。

 「吉本芸人たちは闇営業問題で使いづらくなっているらしい。そんな中、芸人並みに笑いが取れる岡田は貴重な存在。番宣に関係なく起用したいところ。まあ、ジャニーズが承諾すればの話だが」(同)

 3つの格闘技でインストラクター資格を持つ岡田だが、笑いという“武器”も身に付けていたようだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント27

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ