食べる日焼け止め! 紫外線対策に効く食べものを知ってインナーケアを

2019/6/14 19:51 FYTTE

食べる日焼け止め! 紫外線対策に効く食べものを知ってインナーケアを 食べる日焼け止め! 紫外線対策に効く食べものを知ってインナーケアを

日焼け対策にはビタミンエース(ACE)!

紫外線がぴかー

日焼けした肌のダメージ回復をはかるにはビタミンの力が不可欠です。
お肌をキレイに保つにはビタミンCが効果的、というのはよく耳にされたことがあるかもしれませんが、ビタミンA、ビタミンEを含む食べ物にも日焼け対策に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。これらのビタミンには、共通して高い抗酸化作用があります。つまり、紫外線を浴びることで生じた活性酸素を抑制して肌の老化を予防してくれます。
これらのビタミンの特徴とこれらを多く含む食材の例を下記にまとめました。

ビタミン類

・ビタミンA(βカロテン)・・・お肌のハリや潤い、弾力を保ちます。脂溶性ビタミンなので油を一緒にとることで吸収率がアップします。炒め物・サラダにかけて食べるのがおすすめです。
食材例:にんじん、大葉、パセリ、春菊、にら、ほうれん草、大根の葉

・ビタミンC・・・メラニン色素の生成を抑制し、シミ・そばかす・くすみを予防してくれます。さらに、肌のハリや弾力の元となるコラーゲンの生成を助ける働きもあります。美肌にはビタミンC配合の化粧品を使うよりも、こまめに食べるもの・飲み物で摂取するほうがお肌には効果的。そしてこの「こまめに摂取」というのがポイントです。一度にたくさん摂取しても、数時間後には余分なビタミンCは体外に排出されます。毎食の食事や飲み物で1日の中でこまめにとっていくことが大切です。また、ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱い性質があるため、果物や野菜サラダのようにできるだけ生で食べると効率よくとることができます。
食材例:ズッキーニ、モロヘイヤ、レモン、ブロッコリー、パプリカ、さつまいも、トマト、キャベツ
また、たんぱく質はビタミンCと一緒に摂取することでコラーゲンを生成します。
食材例:大豆製品

・ビタミンE・・・血流がよくなることで、肌の新陳代謝を高めます。血行をよくし、新陳代謝を促すことでシミやそばかすをできにくくして老化の原因となる活性酸素の発生を防ぎます。ビタミンCと一緒にとることで相乗効果も期待できます。
食材例:アーモンドなどのナッツ類、ゴマ、かぼちゃ、アボガド、大豆

美肌のイメージ

本来、肌が生まれ変わる周期は28日程度なのですが、この周期は加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって周期が乱れてしまうことがあります。そうすると、定期的に排出されるはずのメラニン色素が肌にたまり、シミが増える原因となってしまうのです。

肌の代謝を促すためには上記ビタミンのほか、肌をつくっているたんぱく質をしっかりとることも大切です。たんぱく質はビタミンCと一緒に摂取することでコラーゲンを生成します。また、とりだめすることができないので、肉や魚、大豆製品など様々な種類のタンパク質を食事からしっかりとるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。夏の美肌対策には化粧品などの外側だけのケアだけではなく、色とりどりの野菜や果物、肌をつくっているたんぱく質も一緒にとり、体の中から整えていきましょう。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ