「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

速度取締りのオービスとNシステムは何が違う?

2019/6/13 17:05 ラジオライフ.com

路上に設置されたカメラといえば、無人式の自動速度取締装置のオービスをイメージする人が多いでしょう。しかし、路上にはさまざまなタイプのカメラが設置されています。路上のカメラを見るたびにオービスと勘違いしていては気が落ち着きません。速度取締りのオービスとNシステムは何が違うのか見ていきましょう。

Nシステムは速度取締りを行わない

路上に設置されているカメラは多種多様です。「Nシステム」とは、通過車両のナンバープレートを撮影している警察の監視カメラ。「Tシステム」は交通状態の管理が目的で、通過車両のナンバープレートを撮影するカメラです。ただし、こちらは管轄が国土交通省になります。いずれも速度違反の取り締まりは行いません。

一方、無人式の自動速度取締装置のオービスは4種類あります。Xバンド(10.525GHz)のレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」。そして、近年主流になっている、道路に埋め込まれたループコイルで車速を測定する「ループコイル式オービス」と「LHシステム」です。

このうち、レーダー波を使うレーダー式オービスとHシステムは独特の形状をしたレーダー部が路上に設置されているため判別は容易でしょう。ループコイル式オービスはカメラが路肩や中央分離帯などに設置されているため、路上の監視カメラと間違えることはありません。

LHシステムの赤色灯付き制御ユニット

そして、路上の監視カメラと混同しやすいオービスがLHシステムです。地中に埋設された磁気センサーで車速を測り、違反車両の撮影は路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラで行うのがLHシステムの仕組みになります。

この路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラの組み合わせの形状が、Nシステムによく似ているというわけです。速度違反の取り締まりを行うLHシステムを見極める、最も効率的な方法はLHシステムの特徴を掴むことです。

LHシステムを見分けるポイントは、支柱に設置されている赤色灯付きの制御ユニット。これがあるかどうかで容易に見分けられます。ただし、道路標示板の裏側など、制御ユニットが見えない位置に設置されているケースもあるので注意が必要です。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント18

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ