チョコレートを知り尽くした職人技が光る「Chocolaterie CALVA 北鎌倉 門前」

2019/6/13 19:45 ことりっぷ

チョコレートを知り尽くした職人技が光る「Chocolaterie CALVA 北鎌倉 門前」 チョコレートを知り尽くした職人技が光る「Chocolaterie CALVA 北鎌倉 門前」

大船で人気の「パティスリーカルヴァ」のオーナーシェフ・田中二朗氏が手がける和のテイストを取り入れたショコラトリ―が、北鎌倉にオープンしました。フランスのパティスリ―で修業した経験をもとに和菓子の要素も取り入れたチョコレートは、創作性にあふれたオリジナルでまるで宝石のようです。西洋の文化に日本の伝統をミックスさせて歴史ある古都・北鎌倉から発信します。

格式高い格天井の和モダンな雰囲気

北鎌倉駅から近く東慶寺方面に歩いて1分ほど

この界隈の雰囲気に溶け込むような店構え。白木の引き戸が目をひきます。
店名はこの場所が料亭「門前」の跡地であり円覚寺に隣接した門前であることに由来し、料亭「門前」は文豪・川端康成が名付けたとされています。暖簾をくぐるとシックでありながら新しいものも感じさせる店内に、文学の香りを一緒に引き継いだかのような奥ゆかしさが漂います。

和食材を取り入れた本格的なチョコレート

鎌倉生まれのパティシエが土地の持つ味わいを大切にしたいと思いを込めて作るチョコレートは、和食の食材と合わせて日本人の繊細な味覚を改めて目覚めさせてくれます。
ショーケースには常時約30種の一口サイズのボンボンショコラが並び、燻製の香りが広がる「スモーク」、和歌山県産の最高ランクのブドウ山椒との取り合わせが絶妙な「ブドウ山椒」、黒糖を使用した「黒糖」などが人気。ほかにも抹茶やほうじ茶、金柑、紫蘇など和食材との取り合わせたものもあり、口に入れただけでそれぞれの香りが引きたちます。

ボンボンショコラはどれも一個270円

チョコレートの原料となるカカオマスの産地別に仕立てた「ガーナ40%」や「メキシック66%」では味の食べ比べも。どのような場所で収穫されているのか、それぞれの国に思いを巡らせるだけでもチョコレート通になったような気がしてきますね。

木箱はボンボンショコラ3個入り(1105円)、6個入り(1940円)など5種類

ボンボンショコラは1個から購入でき、木箱も用意されています。白木にロゴが箔押しされた木箱に入れると高級感とともに特別感も高まり、ギフトはもちろんのこと自分へのご褒美チョコにもしたくなるほど。

濃厚チョコレートのとろけるおいしさ

左上から時計回りに「黒糖」「ほうじ茶」「アルトエルソル」

ケースから好きなものを選んでその場でイートインできるのもこうしたショコラトリ―の魅力です。チョコレートの香りをより一層引き立てる温かい飲み物と一緒にいただくのがおすすめ。

「自家製ショコラソフトクリーム」(540円)

「自家製ショコラソフトクリーム」は、濃厚なチョコレートとミルクがメープルの香りのするコーンとほどよいハーモニーを奏でます。

羊羹とチョコレートの出会い

左から 栗きんとんショコラ(3284円)、羊羹ショコラ(2441円)、テリーヌショコラ(2484円)

ショコラトリーを北鎌倉に開くにあたって田中氏が強く思ったのは、日本人としての誇りを持ち、自分にしかできないものを作ることだったそう。そんな思いから和菓子の要素とチョコレートの技法を取り入れた「羊羹ショコラ」を生み出しました。見た目は羊羹ですが、下の層はチョコレートです。小豆との相性を考えてチョコレートにはミルクの代わりに水を使用したことで、余分な甘さのないすっきりとした味わい。小豆の甘さの後にチョコレートのほどよい苦みが広がります。
こうした独自の発想と豊かな経験をもとに「栗きんとんショコラ」「テリーヌショコラ」も作りあげ、手土産やギフトにも喜ばれています。

唯一無二の逸品

「門前スペシャル」(1080円)羊羹ショコラ(左)栗きんとんショコラ(右)テリーヌショコラ(奥)

それぞれの素材の持ち味が生かされた3品をイートインで気軽に味わえるのは、北鎌倉の店ならではの楽しみ。セットはコーヒーか紅茶、深蒸し茶が選べるので、散策の途中にゆっくり味わってみられてはいかがでしょうか。

北鎌倉のお土産として

「パーム ショコラ ラム レザン」(702円)、「自家製ジャム」(756円)、「ガトーショコラ」(1944円)

チョコレートのほかにもパティシエならではの嗜好を凝らしたお菓子も用意されています。北鎌倉散策の一休みに、また大切な方へのギフトを選ぶ時にもぜひ立ち寄りたいショコラトリ―です。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ