佐々木希、大政絢との北海道旅行を報告も「子供はどうした」の声止まず

2019/6/12 12:00 Techinsight

旅館でくつろぐ大政絢と佐々木希(画像は『佐々木希 2019年6月11日付Instagram「旅館」』のスクリーンショット) 旅館でくつろぐ大政絢と佐々木希(画像は『佐々木希 2019年6月11日付Instagram「旅館」』のスクリーンショット)

佐々木希のインスタグラムで、6月9日の投稿から始まった北海道旅行記。親友で北海道出身の大政絢と一緒に有名な観光地を回り、グルメや温泉を満喫したようだ。しかし写真には2人の姿しか写っていなかったためか、更新されるたびに「子供は一緒ではないのか」「子供はほったらかしか」とフォロワーの一部から非難の声が寄せられてしまった。

【この記事の他の写真を見る】

『佐々木希 nozomisasaki_official Instagram』で「先日、あやと北海道へ」から始まった北海道旅行の報告。札幌、小樽、旭川そして定山渓温泉での笑顔あふれる佐々木希と大政絢の姿や、ズワイガニや寿司、味噌ラーメンなど北海道グルメの写真を多数公開している。まるで女性誌の北海道旅行特集を見ているような素敵な写真ばかりだ。

だが、この北海道旅行シリーズが始まると「小さい子供置いて旅行とか神経疑う」「子供はパパさんにお預けか」「子供まだ1歳になってないよね? 信じらんない」「親ならお子様のこと心配するはず」といった厳しい内容の批判が目に付くようになった。確かに写真の人物は2人だけだが、早い段階で佐々木の肩の部分に抱っこ紐の肩ベルトがチラリと写っており、生後9か月の長男も一緒だったことが想像できたはずだ。

それでも「子供はどうした」というコメントは無くならず、11日のインスタグラムでは寿司屋での投稿に「私の母はお寿司のネタの中で雲丹が一番好きなので喜んでいました」と自分の母親も同行していることを説明した。しかし、新千歳空港で食べたラーメンの写真にも「子供ほっ散らかしで自分息抜きはショック過ぎて」との声が見受けられた。

佐々木希は最後に「今回の旅で北海道が大好きになりました。時間が足りず…またすぐにでも行きたい」と綴っているが、今後もインスタグラムに私的な旅行の写真を投稿するたびに「子供はいるのか、いないのか」としつこく問われるのは気の毒に感じる。

画像は『佐々木希 2019年6月11日付Instagram「旅館」、2019年6月9日付Instagram「小樽へ!ぷらぷら」、2019年6月10日付Instagram「初めての #旭山動物園」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント483

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ