ヤマトホールディングスが小中学生を対象にキャンペーン 応援メッセージが東京の街を走る

2019/6/12 11:30 おたくま経済新聞

画像提供:ヤマトホールディングス株式会社 画像提供:ヤマトホールディングス株式会社

 ヤマトホールディングスは全国の小・中学生を対象に、「東京2020オリンピック・パラリンピック」に集うすべてのアスリートへ向けた応援メッセージを募集するキャンペーンを実施。上位入賞作品は、クロネコヤマトのトラックに日本語と英語で掲出して東京の街を走ります。さらに、入賞者には「東京2020大会」の開会式、閉会式、競技ペアチケットのいずれかがプレゼントされることが発表されました。

 このキャンペーンは、「東京2020大会」のオフィシャル荷物輸送サービスパートナーとして大会物流を担う同社が、社会的な大会機運の醸成を目的として実施。今回のキャンペーンで寄せられる応援メッセージをトラックに掲出することを通じて、物を運ぶだけでなく、アスリートに向けた人の想いも届けたいと考えているとのことです。

 応募資格は日本在住の小学生と中学生で、「東京2020大会」に集うすべてのアスリートへ向けた「パワーを発揮できる応援メッセージ」(日本語または英語で50文字以内)を募集。齋藤孝さん(明治大学教授)や寺川綾さん(スポーツキャスター)、中西哲生さん(日本サッカー協会参与)や藤井郁美さん(車いすバスケットボール選手)、宮崎大輔さん(ハンドボール選手)などの審査員が選考し、金賞・銀賞・銅賞の作品は、クロネコヤマトのトラック(約100台)に日本語と英語で掲出され、2020年1月下旬~9月まで東京の街を走る予定です。

 入賞者は、金賞が2名(小学生の部1名、中学生の部1名)、銀賞が2名(小学生の部1名、中学生の部1名)、銅賞が10名。クロネコヤマトのトラックに応援メッセージが掲出されるほか、金賞は東京2020オリンピック開会式のペアチケットが、銀賞は東京2020オリンピック閉会式のペアチケットが、銅賞は東京2020パラリンピックの開会式、または閉会式のペアチケットがプレゼントされます。さらに、審査員特別賞(86名)には東京2020オリンピック、または東京2020パラリンピックの競技のペアチケットが贈られます。

 応募期間は、6月14日~9月8日まで。受付はキャンペーンサイトで行われています。受賞作品の発表は、2019年11月下旬となっています。はたして、どんなメッセージが東京の街を走るのか?今から楽しみですね。

情報提供:ヤマトホールディングス株式会社

(佐藤圭亮)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ