「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

ブラウザに記録されたID・パスワードの管理方法

2019/6/7 12:05 ラジオライフ.com

アカウントの乗っ取りや不正ログインから身を守るためには、その手口を知らなければ対策もできません。会社やホテルなどの共用PCで気をつけたいのが、サイトのログインIDとパスワードをWebブラウザに自動的に保存する機能です。ブラウザに保存されるWebサイトのログイン情報の閲覧と削除方法を紹介します。

ブラウザのID・パスワード閲覧方法

Webサイトを閲覧するためのブラウザには、サイトのログインIDとパスワードを自動的に記憶する機能が搭載されています。登録しておけば、自動入力でワンクリックでログインできるため便利。IDを忘れた時には設定画面から確認できるので、再設定手続きをせずに済むのです。

ただし、会社やホテルなどの共用PCでこの機能を使うのは危険。自分がPCを使用した後に、第三者がそのPCを使ってサイトにアクセスするだけで、自動的にログインできてしまう可能性があるからです。

そこで、ブラウザに保存されたWebサイトのログインIDとパスワードの閲覧方法と削除方法を紹介しましょう。ここでは、代表的なWebブラウザ「Google Chrome」と「Firefox」のID・パスワード管理方法を見ていきます。

ブラウザのID・パスワードを削除

Google Chromeでは、ブラウザ右上の設定ボタンをクリックして「設定」を選択。そこに表示される「パスワード」をクリックします。すると「保存したパスワード」が一覧で表示されるのです。

一覧にはGoogle Chromeに記憶されているサイトとユーザー名、パスワードが一覧で表示。消去するなら右のタブで「削除」を選択します。ブラウザの自動記憶機能を無効にしたいなら「パスワードを保存できるようにする」をOFFに設定しておきましょう。

Firefoxでは、ブラウザ右上の設定ボタンから「オプション」を選択。続いて「プライバシーとセキュリティ」を選びます。ここで「ログインとパスワード」にある「保存されているログイン情報」をクリックすると、ブラウザに記憶されているサイト名・ユーザー名・パスワード・変更日を表示できます。消去するなら画面左下の「削除」を選択します。

また、ブラウザープライバシー画面の「ウェブサイトのログイン情報とパスワードを保存する」のチェックを外すと、ログイン情報は保存されません。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ