「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

地方裁判所からの危険な封書が届く? 「新手の詐欺」について各所を取材した

2019/6/6 11:01 しらべぇ

(sharpshutter/iStock/Getty Images Plus) (sharpshutter/iStock/Getty Images Plus)

先日はゆうちょ銀行を語った詐欺があったが、今度は地方裁判所の封書が送りつけられる詐欺行為が発生した。ツイッターでも話題になる中、しらべぇ取材班は東京地方裁判所から話を聞いた。

 

■巧妙な手口

話題のツイートに載せられた写真には、地方裁判所民事訴訟部という名と霞が関の住所が記載されている。

封書に書かれている住所は確かに東京地方裁判所の住所、しかし裁判所には民事訴訟部というものは存在しない。そして裁判所からの郵便物は基本的に「特別送達」で送られ、受け取りには印鑑やサインが必要のはずだ。

 

■封書の内容は…

封書の中身にはこんな内容が書かれている。

「あなたは支払い義務違反という事で、地方裁判所に訴状の提出が行われ受理されております。この件に関して異議申し立て、または取下げ希望がある場合、下記日付までに答弁書のご提出または、当局にてご相談受け賜わっておりますので、民事訴訟部相談窓口にご相談ください」

 

最後に電話番号が明記されていた。なお、受け付け時間が午後7時までとなっているが、裁判所の受付は基本午後5時まで。

■裁判所が発送したものではない

東京地方裁判所の広報担当に話を聞くと「東京地方裁判所が発送したものではない。3日頃から被害の相談が寄せられている。警視庁に被害の相談は行った」と回答。

ツイートの投稿者である奈良さんによると、普通郵便で実家に届いたそう。新手の詐欺であり充分に注意が必要、もちろん封書の番号には電話しないほうがいいだろう。

 

■「私も届いた」の声も…

奈良さんのツイッターには「同様のものが届いた」との声も。

「これ、はがきでしたが私も届きました。警察に届けましたら、昨年から起きているそうです」

 

「これはビックリしますね! メールとかもドコモやら佐川やら本当に巧妙になってきてますね! 気をつけないと怖い世の中になってきました」

 

「最近はハガキが通用しなくなって きたからかね、封書なら知らない人にはこれが特別送達? と騙せると思ってるんでしょうね」

 

「こういうものを見ると、情報に疎い両親をいつも思い出します。私たちが守っていかないとな」

 

摘発されてもまた新たな詐欺が発生するいたちごっこ状態。是非とも警察の総力をあげて胴元の完全摘発をお願いしたい。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ