「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

飯窪春菜、モーニング娘。卒業後初の地上波連続ドラマ出演への想いに迫る「良いお知らせをたくさん届けたい」

2019/6/4 12:00 ドワンゴジェイピー news

飯窪春菜、モーニング娘。卒業後初の地上波連続ドラマ出演への想いに迫る「良いお知らせをたくさん届けたい」 飯窪春菜、モーニング娘。卒業後初の地上波連続ドラマ出演への想いに迫る「良いお知らせをたくさん届けたい」

東京・新宿歌舞伎町にある東京都立水商業高等学校を舞台に描く本格学園ドラマ「都立水商!~令和~」(MBS・TBSドラマイズム)。といってもこちらはただの学園ドラマじゃない。通称、都立水商は水商売のイロハを教える都立高校なのだ。原作は2001年に小学館で刊行された室積光による小説だが、猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラー作品にもなっている。そこで、この都立水商に通う生徒役を演じる飯窪春菜に直撃インタビュー!


――今回、飯窪さんが演じているのはキャバクラ科の生徒、温井寧々。

「寧々ちゃんはクラスの中でも結構、派手目な女の子。基本、ギャルなのでちょっと口が悪かったり、人当たりがきつかったりするんですけど、仲間意識は強くて。ドラマを見ていただいている人には、きっと寧々ちゃんの良さがわかってくれると思います」


――実際に演じてみて、いかがでしたか?

「態度を悪く演じるのが、すごく難しいなって。“うぜ~んだよ!”とか“ブス!”って人に言うのって、すごく勇気がいるってことを実感しました。でも友だちに対してアツい部分が寧々ちゃんにはあったり、先生に感化されてキャバ嬢への道をマジメに考え出すところは、素直で可愛いなって」


――モーニング娘。を卒業して初めての地上波連続ドラマのお仕事となるんですよね?

「はい。だから水商への出演が決まったときはうれしかったですね。私は卒業するとき“今後、お芝居をするにあたって漫画原作の作品に出ることが目標です”って言っていたので、それがすぐに念願が叶いました。でも今回はオリジナルキャラクターだったので、今後の目標はオリジナルではないキャラクターで、漫画原作の作品に出るってことにちょっと変わりました(笑)」

――現場で仲がよかったのは?

「(伊藤)萌々香ちゃん。2人とも同じキャラクターが好きなので、そのキャラクターのシャツを作りに行ったり。今度はそのシャツを着てカフェへ行こうねって約束しています」


――主演の竜星涼さんが演じるのが、石綿直樹先生。

「先輩の真野恵里菜さんが以前、竜星さんと共演されていたことがあって。真野さんきっかけで竜星さんともお話しをすることが出来たので、先輩のありがたさを感じました。竜星さんは現場で集中して芝居をする姿勢を背中で語ってくれて。とても見習う部分が多かったので、私もがんばらなきゃって思います」


――「都立水商!~令和~」とタイトルにもあるように令和として新しい時代を迎えましたが、平成で一番、思い出に残っていることというと?

「モーニング娘。を卒業したこと。モーニング娘。に入ったときは緊張し過ぎて、あまり覚えていないので、やっぱり卒業したときかな。卒業を発表してから、卒業に向けての気持ちがどんどん強くなっていって。今後、1人になってからのお仕事を楽しみにしていたんですけど、いざ卒業を迎えて、ファンの方たちの顔を見たらすごく寂しくなったことを覚えています。だからこれからも、いろいろな良いお知らせをたくさん届けたいなって。今回の水商もみなさんにたくさんのことを報告できてうれしいです」


――ちなみに卒業というのは卒業したとき? それとも卒業を決めたとき?

「卒業を決めた瞬間の気持ちのほうが強く残っていますね。」


――では、近況を教えてください。

「今年に入ってからカードゲームを始めました。水商の撮影中も萌々香ちゃんとカードの開封式をしたり、萌々香ちゃんにはカードゲームのルールも覚えてもらいましたからね。もうオタオタしいものしかお話しできなくて申し訳ありません(汗)」

    

<第5話 放送概要>

MBS:6月2日(日)深夜0時50分~

TBS :6月4日(火)深夜1時28分~


文・写真:今 泉

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ