美空ひばり没後30年、知られざる「不死鳥お嬢伝説」

2019/6/4 06:00 日刊大衆

 不世出の大歌手・美空ひばりがこの世を去ったのは、元号が昭和から平成に変わった直後、1989年(平成元年)6月24日のこと。

 没後30年となる歌姫にまつわる秘話を公開!(文中一部=敬称略)

*      *

 ひばりの私生活といえば、小林旭との結婚・離婚が知られている。だが、その少女時代には、初恋とも言える意中の人物がいた。

「ひばりの相手役としてスカウトされて、歌舞伎界から映画界へやって来た中村錦之助(のちの萬屋錦之介)です。共演が多かった2人は、私生活でも相思相愛の関係だったといわれます」(映画関係者)

 ひばりは錦之助を“錦兄”と呼び、兄のように慕っていた。

「ただし、当時のひばりは10代で、常にステージママである喜美枝さんがついていた。実際、どの程度のつきあいだったか、正確には分かりません」(前同)

 結局、結婚という形で結ばれることはなかった。

「ただ、錦ちゃんは、ひばりの晩年に病床をたびたび見舞ったといいます。2人には男女の色恋を超えた、精神的な結びつきがあったのかもしれません」(同)

 また、彼女には婚約破棄の経験もある。それは、20歳になる直前の1956年(昭和31年)のこと。相手はビッグバンド「小野満とスイング・ビーバーズ」のバンマスである小野満だ。

「8歳年上の小野さんは、“大スターのひばりさんを家に縛りつけることはできない”と考え、結局、結婚を諦めたといいます」(レコード会社関係者)

■元夫・小林旭との出会い

 小林旭との交際はそれから約6年後、雑誌『明星』での対談がきっかけだ。

『美空ひばり公式完全データブック』(角川書店)の編纂者で、『美空ひばり最後の真実』(さくら舎)の著者でもある現フリーライターの西川昭幸氏は語る。「小林さんは同じ日活の浅丘ルリ子さんと同棲していましたが、浅丘さんの父親の反対で、結婚が流れた。そんなタイミングでした」

 結婚については、ひばりのほうが積極的だった。これは、「三人娘」として同時期に活躍した江利チエミが高倉健と、雪村いづみが外国人と結婚し、独身は自分だけとなったことも影響していたようだ。

「小林さんが居場所を知らせていないにもかかわらず、滞在先や一見で入ったクラブにまで、ひばりさんから“ダーリン”と電話がかかってきたとか。

 そして、彼女が“どうしても結婚したい”と相談したのが山口組の田岡三代目です。昔は、興行とヤクザ組織の関係は強く、三代目は特に、ひばりさんを寵愛していましたから」(前同)

 小林は後年、その結婚劇の顚末を告白している。

「あるとき、自宅に三代目がやって来て、“天下のひばりが、惚れたと言うとんや。男冥利に尽きるやろ”と結婚を勧められたというんです」(同)今では考えられないが、2人の結婚会見には田岡三代目が同席している。

 だが、スター同士の結婚は、うまくいかなかった。わずか2年で破局。離婚時は20代後半だったひばりに以後、新しい恋の噂は聞かれなかった。

「大物すぎて、誰も恋愛対象として見られなかったのでは」(スポーツ紙記者)

 それはビッグスターの宿命だ。寂しさを埋めるためか、酒に依存しがちになり、頻繁に自宅に人を招いた。

「中村メイコさんのほかに、小林旭さんをめぐる因縁もある浅丘ルリ子さんとも親しかったですね」(前同)

■旧友への心温まるエピソード

 江利チエミ、雪村いづみとの友情もあった。

『週刊大衆』の連載『満天の夢』でもおなじみ、伝説のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」の経営者・山本信太郎氏は振り返る。

「あるとき、ひばりさんが店に来てくれたことがあったんです。その日は雪村いづみさんのショーが予定されていたんですね」

 旧友への表敬訪問は、アポなしだったようだ。

「ところが、雪村さんは体調が悪く、ショーを早めに切り上げ、すでに帰宅していたんです。ひばりさんは残念がりながらも、急遽ステージで歌ってくれることになりまして」(前同)

 選曲が粋だった。自分の曲ではなく、江利チエミの『テネシーワルツ』や、ジャズのスタンダード曲を数曲チョイスしたのだ。雪村いづみの代わりに、美空ひばりが、江利チエミの曲を歌う……。

 その晩、たまたまニューラテンクォーターに足を運んだ幸運な客のみが堪能できた至高のステージだった。「クラブ経営者冥利に尽きる体験でした」(同)

 また、ひばりは石原裕次郎、王貞治ら昭和の大物スターとの交友もあった。

 山本氏によれば、勝新太郎も彼女をかわいがり、その歌を愛したという。「僕が、お店の30周年公演に誰に出てもらおうかと考えていたときに、勝さんに相談したら、答えは“兄弟、そりゃ、ひばりちゃん以外にいないよ”でした。それで僕も、実現に向けて準備を進めたんですが……」

 1987年(昭和62年)4月、ひばりは極度の体調悪化を訴えて入院。プランは幻に終わった。

■家族との絆

 ひばりを語るうえで、家族との関係を抜きにすることはできない。

 特に、母親の加藤喜美枝とは“一卵性親子”ともいわれた。ひばりの最大の理解者で、演出家で、プロデューサーだった母だが、芸能界しか知らず、どこか浮世離れしていた。

 ひばりのマネージャーを長年務めた嘉山登一郎氏は、著書『美空ひばり秘話 俺のどうにか人生』(近代映画社)の中で、信じ難い逸話を披露している。

 1965年(昭和40年)に、台湾公演を行った際、蒋介石総統夫人(宋美齢)から、夕食会への誘いを託された人物がやって来た。

 ところが、事務所のマネージャーが不在で、蒋介石も宋美齢も知らない喜美枝は、なんと……、「ひばりに会いたかったら、そっちから来ればいい」と断ってしまったというのだ。

「あのお母さんなら、十分にありえる話ですね(笑)」(芸能プロ関係者)  

 戻ってきたマネージャーは、国家元首夫人からの誘いを、失礼な物言いで断ったことを知ると、「これはまずい!」と考え、翌朝6時の飛行機で緊急帰国するように取りなした。

 ちなみに、ひばりサイドの態度に総統夫人の側近たちは激怒した模様で、翌朝8時以降、ひばり一行を出国させないために、一時、空港を閉鎖する動きがあったという。

 ひばりには2人の弟がいる。上の加藤益夫は「小野透」、下の武彦は「花房錦一」として芸能界入りしている。「加藤家には、“家族以外は信用しない”という家訓のようなものがあった。だから、弟があのようなことになっても、突き放さなかったんです」(前出の西川氏)

 ここでいう“弟”とは益夫のことだ。16歳で歌手デビューし、映画にも主演。ところが、歌も映画も不調で1962年(昭和37年)に引退すると、賭博幇助、拳銃不法所持、傷害、暴行など刑事事件を立て続けに起こす問題人物だった。

「ところが、喜美枝さんとひばりさんは、1969年(昭和44年)に「かとう哲也」の名前で芸能界復帰を促し、ひばり公演にレギュラー出演させます」(同)

 しかし、益夫はその後、またも暴行容疑で逮捕され、さらに山口組系組織の幹部であることが発覚。

「結婚会見の頃とは時代が変わっていました。それでも、ひばりさんは弟をかばい、自ら苦しい状況に追い込まれます」(同)

■ひばりを襲った不運とは

 全国の公会堂やホールから締め出しをくらい、マスコミにも叩かれ、NHK『紅白歌合戦』からも追放される。70年代はヒット曲も途切れ、つらい時代となった。

 前出の山本氏は、そんな時代のひばりと会っている。

「当時、お住まいになっていた赤坂のマンションにお邪魔したり、勝さんを交えて食事をご一緒したことがありました」

 どんな様子だったのか?

「どこか寂しそうでね。僕の肩のあたりに手を当てて“山本さんも大変なお仕事ね。哲也(益夫)と同じで突っ張ってやってこられたのね”とおっしゃって。僕のほうが年上なんですが、優しいお姉さんのような印象がありました」

 暗黒期といえる時期のひばりを救ったのが、益夫の長男である加藤和也氏(現・ひばりプロ社長)だ。彼女は、幼い甥を養子に迎え、溺愛したのである。

「精神的な面で、和也さんの存在は本当に大きかった」(西川氏)

 ただ、心の支えはできたものの、アルコールの量は減らなかった。

 さらにつらい出来事が続く。80年代になると、最愛の母が他界(81年)。さらに戦友的存在の江利チエミが45歳で急死(82年)。追い打ちをかけるように、弟の益夫(
83年)と武彦(86年)が、ともに42歳の若さで死亡。女王の孤独は、ますます募っていった……。

 輝かしい活躍の裏で、孤独を抱え続けた美空ひばり。この続きは、現在発売中の『週刊大衆』6月17日号をチェックだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント4

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ