「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

NGT48問題 地元新潟では徹底追及の様相「再スタート簡単ではない」

2019/6/3 16:30 Techinsight

NGT48を卒業した長谷川玲奈、山口真帆、菅原りこ(画像は『official_NGT48 2019年5月18日付Twitter「本日、『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~』が行われました。」』のスクリーンショット) NGT48を卒業した長谷川玲奈、山口真帆、菅原りこ(画像は『official_NGT48 2019年5月18日付Twitter「本日、『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~』が行われました。」』のスクリーンショット)

NGT48在籍時の山口真帆が昨年12月に自宅マンション前で男たちに暴行を受けた事件を巡り、NGT48が本拠地とする新潟では経済や社会的イメージに大きな影響が出ている。5月31日にはNHK新潟『金よう夜 きらっと新潟』で「近すぎたアイドル ~岐路に立つNGT48~」と題してその問題に斬り込んだ。

5月18日にはNGT48劇場で菅原りこ、長谷川玲奈、山口真帆の卒業公演が行われ、山口は「もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」と実情を訴えた。NGT48での活動を終えて菅原は歌手、長谷川は声優、山口は芸能事務所の研音に所属とそれぞれの道を進むことになる。

一方、運営するAKSはNGT48のチーム制を解体して「1期生」「研究生」による再スタートを目指す。そんななか早川麻依子NGT48劇場支配人が5月25日にTwitterアカウントを開設、「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います」などツイートを始めて賛否を呼んでいる。

そういう状況ではあるが、山口真帆の研音所属により全国版のメディアでNGT48問題について取り上げることが少なくなってきた。ただ、地元新潟では沈静化するどころか社会問題になっている。

NHK新潟『金よう夜 きらっと新潟』による「近すぎたアイドル ~岐路に立つNGT48~」からは、地元メディアがこの件を徹底追及する構えであることがひしひしと伝わった。

48グループのコンセプトでもある「会いに行けるアイドル」を最も実感できる握手会について「握手券1枚でメンバーと対面できるのは約7秒だが、CDを100枚単位で購入して握手券を“まとめ出し”することで数分間の会話が可能になる」との趣旨で解説すると、その交流時間でメンバーにプライベートでの接触(いわゆる「つながり」)を説得するファンの存在を明かす。そこに「リスク」が隠れていると警鐘を鳴らすのだ。

また、NHK新潟の取材班がAKS経営陣に「私的領域でのファンとの接触防止策」「会社の運営体制の見直し」「トラブルの調査や処分は十分か」「経営トップの認識」について書面回答を求めたところ、「総合的な判断で回答はできない」としか返されなかった。キャスターは「これでは再スタートへの理解は広がらないだろう」と失望感を漂わせる。

これまでNGT48と新潟市・県など自治体とのタイアップがうまく行き相乗効果を生んでいたが、それがなくなった地元経済への影響は大きい。さらには新潟県のイメージダウンも懸念される。新潟市には全国から「観光に行きません」「ふるさと納税しません」という苦情メッセージが寄せられるという。

番組取材班は「県は秋の国民文化祭でアピールキャラクターにNGT48起用しない方向で検討」「県民やファンからはトラブルの真相究明さえされていないと失望感を持っている人が多数いる」「そのなかでAKSはほとぼりがさめるのを待っているようにしか見えないという声もある」とNGT48の再スタートが簡単ではない状況を話した。

さらにキャスターと「影響力がある企業だからこそ経営トップの吉成(夏子)社長などは改めて考えを説明し直すべき」「直接運営に関与していないというグループの総合プロデューサー秋元康氏の対応を求める声もファンから聞かれる」「夢を持つ少女たちが健全に前を向けるように会社側にも改善を求めたい」と締めくくった。

番組最後に紹介されたNGT48に対する新潟県民の声はより生々しい。「皆の印象的にも悪くなっているし、頑張ってほしいけど応援できる状況じゃない」(女性)、「一連の問題をまずはきれいさっぱりしないと、まずはそこからかなと思います」(男性)、「アイドルはやっぱりイメージが大事だと思う。これからどう頑張るかはNGTの皆さん次第だと思う」(女性)というものだ。

貫録のある中年男性は「会社とタレントが一丸となって信頼関係をもっと築いて、イチからやって行かないと信頼回復は難しいと思う。だけどやってもらいたいよね、市民としては、期待します」と話しており、再スタートに向けてどうすべきかは市民の方が分かっているようだ。

番組を見た人々からは「NHK新潟責めるねぇ…徹底的にこの事件、追及してる。AKSに繋がりに対してコメントを求めて『ノーコメント』だったことも暴露している。許すわけないってことだよね」、「全国再放送をお願いします。 AKB48は全国で活動していますので、新潟だけの問題ではありません。第二第三の被害者が今日も出ている可能性があります」、「新潟県は推移を見守るだけで、 AKSは早川の乱心ツイートで自らダメージを受け動けなくなり、 NHK新潟放送局はAKSへの不信を表明。誰も動けない状況。次は誰が動くの? もしかして、あなたの番では?」などの反響があった。

画像は『official_NGT48 2019年5月18日付Twitter「本日、『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~』が行われました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント359

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ