「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

ブレイク必至の「SIRUP」 大事にしているのは「まず、しゃべる」こと

2019/6/3 20:00 anan総研

ブレイク必至の「SIRUP」 大事にしているのは「まず、しゃべる」こと ブレイク必至の「SIRUP」 大事にしているのは「まず、しゃべる」こと

シンガーソングライターのSIRUP。エモーショナルなボーカルを武器に、昨年リリースした2nd EP『SIRUP EP2』はiTunes R&B/Soulチャートで首位を獲得。ブラックミュージックをルーツにしながら世界標準の“今”を感じる音楽を届けてくれる貴重なアーティストだ。その彼が待望の1stフルアルバム『FEEL GOOD』をリリース。ananweb 編集部

「集大成のアルバムといえばそうなんですけど、基本的に僕はその時にやりたいサウンドや想いをそのままパッケージする。今回のアルバムも同じで、一緒にやりたい人と、やってみたいことにトライしただけ。特別なことって意外とないんです」

リリックやメロディは自身で手がけながらアレンジは様々なトラックメイカーとコラボレーションするのがSIRUP流。今回も親交の深いアーティストたちと共同で作業した。

「全部を全部自分でやるという選択肢もあるけど、僕には誰かとやることで得られる広がりが大事で。思いもよらない自分の引き出しがみつかるとか、次のステップに気づくとか。それが合ってるし、好きなんです」

そのために大切にしているのは密なコミュニケーションだと言う。

「だから、まず、しゃべる。電話でもいいから話したい(笑)。どういう音楽が好きとか、今どんなトラックを面白いと思っているかとかそんなところから、自分たちにしかない感覚は何だって共有できる。そうして築いた信頼関係って揺るがない」

ananweb 編集部

同世代のトラックメイカーたちと共鳴しながらこれからも先へと進む。今年、YouTubeが選ぶブレイクが期待されるアーティスト10組「Artists to Watch」にも名前が挙がったばかり。

「注目の、と言われるのはもちろんうれしいんですけど、僕は飛び級をしたくない。自然の流れの中で着実に広がればそれでいい。海外も視野に入れていますけど、それも無理して背伸びはしたくない。今の仲間たちと同じ感覚で、海外のアーティストたちとも肩を並べて仕事できるようになれたら最高ですよね」

シラップ 2017年シングル『Synapse』でデビュー。名前はSing&Rapを掛け合わせた造語。6月から全国ツアーがスタート。夏にはSUMMER SONIC 2019、大阪・東京の両日程にも参加決定。

MVも話題の「LOOP」や、Honda VEZEL TOURINGのCM曲「Do Well」など新曲7曲を含む全12曲。ラッパーのBIMやマルチプレイヤーのTENDREも参加。『FEEL GOOD』¥2,800(A.S.A.B/Suppage Records)

※『anan』2019年6月5日号より。写真・岩澤高雄(The VOICE) 取材、文・梅原加奈

(by anan編集部)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ