「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

同窓会で気になるのは異性よりも同性の友人!ひそかに“おばさん化”のマウンティング合戦に!

2019/6/2 08:00 Suits-woman.jp

堅実女子の皆さんは同窓会に参加したことがありますか?卒業から久々に会う同級生の姿は懐かしいもの。その年月が長ければそれだけ年齢を重ねたことになり、好むと好まざるとに関わらずお互いの変化を実感すると思います。そんな時、あなたが一番気になるのは同性の友だちでしょうか?それとも異性?

40歳以降になると、異性よりも同性の友人が圧倒的に気になる

株式会社アチーブでは全国40代~60代の女性を対象に、同窓会での気になる点に関するアンケートを実施。40代以降といえば大学卒業でも20年近く、小中学生30年近くが経過しています。そんな彼女たちが一番同窓会で会えてうれしいのは誰でしょうか?同調査では「同窓会への参加経験」とともにアンケート調査を行っています。

学生時代に地味目な子が現在すごい美魔女になっていたり、逆に当時スクールカースト上位の子が地味になっていたりというのも、同窓会あるある?

まず40代以降の女性で同窓会への参加経験が「ある」人は57.7%。半数以上が経験していることが判明しました。そして同窓会で会えて一番うれしいのは圧倒的に「同性の友人」(78.3%)。一方「異性の友人」と答えた人はわずか9.1%となっています。40代以降になると若い頃とは違い、「同窓会は出会いの場」という年齢でもない人が大半。それよりも懐かしい女友達のほうが圧倒的にうれしいようです。またここ20年で全国の女子中高の数は半減しているといわれていますが、女子中高の同窓会なので異性の友だちがそもそもいないという人も多いかもしれません。

差がついていたらある意味ショック!気になる友人もおばさん化

かつて同じ時を過ごしていた同級生が集う同窓会。ただ楽しい時間を過ごすだけではなく、つい「あれ?」と気になることがあるという人も多いかもしれません。同調査によると同窓会で「気になったことがある」と答えた人は43.3%。中でも圧倒的に気になっている人が多いのは、「友人のおばさん化」(56.7%)でした。それ以外の回答は以下の通りです。

40歳も過ぎれば、大なり小なりみんなおばさんに。問題はその程度と、学生時代とのギャップでしょうか?

同じ年月だけ年齢を重ねた同級生が、現在どう変化しているのかは、つい気になるところです。40歳以降になるとおばさん的兆候が出てくるもので、「あの●●ちゃんがこんなおばさんに……」と思ってしまうのかも。

続いて気になるのは「相手の仕事について」(15.6%)ですが、確かに40歳以降はある程度社会的地位もある年齢。仕事をしていると自分の物差しでつい比べてしまう気持ちも分かります。

しかし同級生もおばさん化しているなら、同じ年月重ねた自分も同じくらい年をとっています。同調査によると「友人のおばさん化を感じて、ご自身のおばさん化も感じますか?」という質問で「はい」と答えた人は90.6%に。同窓会の同級生の姿は、ある意味自分との合わせ鏡です。

年月を経て再会できた同級生。外見はもちろん内面の部分でも、いい刺激になるはずです。お互いいい歳の取り方をするべく、切磋琢磨していきたいものです。

 

【調査概要】
調査主体:株式会社アチーブ
調査日:2019年5月21日(火) ~ 2019年5月22日(水)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,055人
調査対象:全国40代〜60代の女性
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント10

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ