落合博満氏、張本勲氏の持論を否定し論理的な解説で称賛 レギュラー出演を望む声も

2019/6/2 12:00 しらべぇ

2日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に元ロッテオリオンズ・落合博満氏が出演。大先輩張本勲氏を前にしても貫いた「オレ流コメント」に称賛の声が相次いでいる。

 

■張本氏が「落合に聞いて」とコメント

この日の放送は張本勲氏がイベント参加のためバーチャル出演。東京ヤクルトスワローズが1日の試合で16連敗を喫した話題になると張本氏は

「落合がよく知ってるから、落合に聞いてくださいよ」

 

と一言。歳下ながら落合氏の評論に信頼を寄せている様子。落合氏は16連敗について、投手陣の不調と守備の崩壊などを挙げ、「ヤクルトが抱えていた課題。でもここまで負けるとは思ってない」とコメントした。

 

■張本氏の持論に落合氏が…

さらに巨人の阿部慎之助捕手が1日の試合で400本塁打を達成した話題では、歴代ランキングで6位が510本の落合氏、7位が504本の張本氏であることが紹介される。

関口宏から「どうですか?」と聞かれた張本氏は、「やっぱり500でしょ。阿部も500を目指してもらいたい」とコメント。落合氏も「そうですね、500。王さんの下(868本)くらいは出てくる選手が欲しいね」と発言。

そして関口が「現代はボールが飛ぶらしいですから」と張本氏の持論に言及すると落合氏は、

「あの、飛ぶってよりもね、やっぱり選手の上半身の力っていうのかな。それが我々の時代よりやっぱ強いんだろうと思います。そういう練習の仕方してるんじゃないのかな 」

 

と、独自の見解。持論を論破され、ウェイトトレーニングに否定的な張本勲氏は、黙るしかなくなってしまった。

■大谷翔平選手の話題でも…

番組終盤にも、2人の「違い」が浮き彫りに。エンゼルス・大谷翔平選手の打撃フォームについて張本勲氏が「大谷の左の肘が上げ過ぎじゃないかな。だから引っ張れないんじゃないの? 落合どうだい?」とコメントを求める。落合氏は笑いながら

「左の肘が上がっているどうこうってよりも、ボールをどこで捕まえるかっていうことなんだろうと思います今。模索してる最中なんじゃないんですか?」

 

と見解を示す。続けて

「去年1年間で相手のピッチャーの攻め方も傾向出てるだろうしね、どこが打てて、どこが打てない。そういうものは、アメリカは早いですからね。2、3年はかかるんじゃないんですか? 長いスパンで見たほうが完成度は高いと思います」

 

と現代の野球事情を踏まえたコメント。そして大谷翔平選手の素質は「私なんかより数段上ですよ」と絶賛する。これにも張本氏は、笑うしかなくなってしまった。

 

■落合氏の解説に称賛の声

落合氏の論理的な解説に、称賛の声が相次いでいる。

 

 

『サンデーモーニング』に出演する元プロ野球選手は軒並み張本氏に遠慮し、反対意見を言えないことが多い。そんな中、張本氏に配慮しながらも自説を論理的にコメントする落合博満氏の姿に、視聴者は高評価を与えたようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント204

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ