『スマスマ』か『笑っていいとも!』か、復活してほしいテレビ番組1位は!?

2019/6/2 07:30 日刊大衆

 5月から新元号“令和”が始まり、まだまだ全国的にお祝いムードが続いている。30年続いた平成の間には、『笑っていいとも!』『SMAP×SMAP』『めちゃ×2イケてるッ!』『さんまのまんま』(すべて、フジテレビ系)、『さんまのからくりTV』『チューボーですよ!』(ともに、TBS系)、スペシャルでの放送はあるがレギュラーとして終了した『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)などなど、数多くの人気番組が終了した。

 そこで今回は、「もう一度見たい“復活してほしいテレビ番組”」について、10~50代の男女100人に聞いてみた。

 第3位は『SMAP×SMAP』。

 1996年4月15日~2016年12月26日に放送された、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の5人、当時のSMAPのバラエティ番組『スマスマ』。特に、番組前半の料理コーナー『BISTRO SMAP』が人気だった。

 この番組を選んだ人からも「また料理対決が見たい」(44歳/女性)という声が多く、他には「SMAPが好きなので」(46歳/女性/主婦)、「大好きな番組だった。楽しかったので」(20歳/男性/学生・フリーター)、「SMAPの仲が良かった頃の番組だから。またあの頃のSMAPが見たい」(34歳/男性/営業・販売)など、解散してしまったSMAPのメンバーが再びそろったところが見たいという人も多かった。

 第2位は、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)。

 1991年12月8日~1997年11月2日に放送されていたバラエティ番組で、ダウンタウンの松本人志と浜田雅功を中心に、今田耕司、東野幸治や、女優の松雪泰子、篠原涼子なども体当たりコントに挑み、人気を博した。

 この番組を選んだ人からは「すべて面白かった。特にコントが面白かった」(46歳/男性/コンピュータ関連技術職)、「めちゃくちゃなところが楽しかった。予測できない面白さ」(35歳/男性/公務員)、「昔ハマっていた。今では見られない内容」(37歳/女性/主婦)という理由が挙がっていた。

■1位は、今では放送不可能!? なアノ番組

 そして第1位に選ばれたのは、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)。1985年4月14日~1996年10月6日まで放送された、ビートたけしが司会を務めたバラエティ番組。「ダンス甲子園」「勇気を出して初めての告白」など、多くの人気コーナーや、エンペラー吉田、メロリンQ(現在の山本太郎)、いまきた加藤など多くの名物キャラクターが誕生した。また、V6の岡田准一も、この番組の“ジャニーズ予備校”がジャニーズ入所のきっかけ。他にも、昨年芸能界を引退した安室奈美恵、的場浩司、おぎやはぎ結成前の矢作兼など、後のスターが多く出演していた。

 選んばれた理由には、「今ではできないようなことばかりで楽しかった」(38歳/女性/主婦)、「番組企画がぶっとんでいて面白かった」(42歳/女性/研究・開発)、「企画ものがとにかく面白かった。破天荒」(36歳/男性/総務・人事・事務)、「全力でバカバカしいところ。今ではいろいろ問題になりそうだけど、もう見られないと思うと、もう一度見たい」(44歳/女性/総務・人事・事務)など、現在では考えられない挑戦的な番組だったことを挙げる人がほとんどだった。

 ちなみに、次点には同率で『オレたちひょうきん族』と『笑っていいとも!』(ともにフジテレビ系)の2番組が挙がっていた。令和には、どんなバラエティ番組が誕生するのか楽しみだ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント38

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ