赤羽駅で痴漢男が激走 女子高生らへの「意外なアシスト」に注目集まる

2019/5/31 16:21 しらべぇ

(Art Wolfe/iStock/Thinkstock) (Art Wolfe/iStock/Thinkstock)

28日、東京のJR赤羽駅にて、痴漢したサラリーマンの男を女子高校生たちが追いかける出来事が発生。その様子をおさめた動画がネット上で拡散され、注目を集めている。

 

■赤羽駅で痴漢男が逃走

動画は11秒程度の長さで、スーツ姿の男が黄色い線の外側を走り、それを2人の女子高校生が「逃げるな!」と言いながら追いかける……というもの。

報道によると男は30代で、この後、別のホームに逃走。そこにいた駅員に確保され、その後、強制わいせつの容疑で逮捕されたという。なお、女子高校生は他にもう1人おり、駅員に対して痴漢の状況を説明していたそうだ。

 

■居合わせた男性、足を差し出す

この動画の中で注目されているのが、現場に居合わせた男性の行動。逃走する男の前に左足を差し出し、男を転倒させたのだ。この行動に、ネット上では以下のような声が寄せられることに。

「赤羽駅痴漢足引っ掛け逮捕アシストおじさんかっこええな。ただ一歩足を前に出しただけだけどその一歩がどれだけ勇気のいることかって話ですよ。俺もああいう時に咄嗟に足を出せる人間でありたい」

 

「赤羽駅で起きた痴漢のやつ、アホだな。足ひっかけた人グッジョブって思っちゃった(笑)」

 

「足引っ掛けたおっちゃんナイス!!」

 

「とっさの行動、勇敢ですね」

 

しかし、一方では「実際に逮捕されたから良かったけど、勘違いだったら危なかったのかも」「転倒した男が階段を落ちていたら他の人が巻き込まれる危険もあった」など、苦言まじりの声が出ている現状だ。

■痴漢被害経験の女性「正しいかは結果でしか語れない」

たしかに、動画を見るかぎり、そういった感想を抱く人がいるのも無理ないかもしれない。それだけ男は勢いよく、2~3メートル近く前方に飛んでいた。

だが、かつて痴漢被害を受けたことのある女性(20代)はこの「足を差し出す」という行動に対し、しらべぇ取材班にこのように話す。

「痴漢された当事者としては、『いざ犯罪行為に巻き込まれると、良くも悪くも自分の素の部分が出る』と思っています。痴漢されて声をあげられない私のような人間もいれば、逆に痴漢野郎を追いかけて捕まえるような子もいる。それを考えると、きっとあの場で男性が足を出したのはあの男性の素の姿なんじゃないかなと。

 

それに、行動が正しいか正しくないかはたぶん結果論でしか語れなくて、状況によりけりだと思います。今回も、もし冤罪だったり、他の人たちが巻き込まれてケガをしていれば、きっと非難されてますよね。

 

だから、第三者であることを考えるとぶっちゃけギャンブル的な要素もあると思うんですけど、でも勇敢だったことは間違いないと思いますね」

 

女性の言う通り、とっさの状況で「本当に痴漢かどうか」を見抜くことや、転倒した男が他の人にぶつかる可能性を想像することはほぼ不可能だろう。

だからこそ、褒められるべきは、結果次第で受け止められ方の変わる行動そのものではなく、勇敢さのほうなのかもしれない。

 

■約1割「電車内で痴漢したことある」

痴漢グラフ1

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男性671名を対象に「電車内での痴漢」について調査を実施したところ、約1割が「したことがある」と回答する結果となった。

痴漢

印象的な内容ゆえ、様々な意見が集まった今回の動画。しかし、当たり前だが悪いのは痴漢する男だ。彼らは女性の敵であり、また多くの痴漢しない男性の敵でもあることを忘れずにおきたい。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20~60代の男性671名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント106

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ