「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

ストレス対策になるオフィスドリンクはどれ?~紅茶編~

2019/5/30 13:00 Suits-woman.jp

仕事中に何を飲んでいますか? きっと、紅茶や緑茶、ミネラルウォーターという方は多いのでは? そんな何気ない日々の飲み物で、仕事にいい影響があればありがたいもの。そんな中、「ストレス対策」になる仕事中の女性にとってのオフィスドリンクを探ってみる本シリーズ、第1回目は「紅茶」について紹介します。

■働く女性はストレス解消のために「コーヒー以外」を飲んでいる!

アサヒ飲料が男女ビジネスパーソン10,000人に聞いた2017年の調査「ワンダ働き方改革実態調査 第1弾 」では、男性のストレス解消法は、午前も午後も「缶コーヒーを飲む」がトップになっていましたが、女性は、午前は「コーヒー以外を飲む」、午後は「お菓子を食べる」がトップになっていました。

女性は男性とは違い、コーヒー以外やお菓子で上手に気分転換しているようですね。

コーヒー以外のオフィスドリンクといえば、緑茶や紅茶、ミネラルウォーターなど。中でも、紅茶はストレス解消にはなるのでしょうか? 探ってみました。

■紅茶にストレス解消効果はある?

紅茶に、ストレス解消効果は期待できるのでしょうか?

精神神経科医で産業医の古賀良彦先生が行なった、「職場でよく飲まれる飲料が生産性に与える可能性」について精神生理学的に行われた研究の結果 によると、コーヒー、紅茶、エナジードリンク、水のうち、特に紅茶は「脳の機能を活性化させ自律神経のバランスを整え、さらに不安や緊張をほぐし活力をもたらすことによって、仕事の生産性を高める」ことがわかったといいます。

「紅茶には不安や緊張を和らげる作用があったことから、ストレス解消効果があることは明らかです」(古賀先生)

さらに古賀先生は、紅茶の効果について、次のように解説します。

「大切なことは、紅茶は脳機能を活性化する働きが顕著だということです。特に前頭葉という記憶や注意力、そして行動の中枢である脳の部位の活動を高める効果があることです。その部位の効果が高まることで、仕事の能率が向上することが十分に期待できます」(古賀先生)

ストレス解消だけでなく、仕事の能率アップも期待できるとは、びっくり。紅茶は何気ない存在感でありながら、実はそんな効果があるのですね。

■疲れを感じても紅茶でまた仕事に臨める!

ところで、「緊張や不安を和らげる」リラックスの状態と「活気や活力を強める」ことが同時に起こるというのはちょっと不思議。古賀先生に伺ってみました。

「リラックスと言っても、紅茶は、不安や緊張を和らげるという意味であり、気持ちがダラーンと弛緩するという意味ではありません。

紅茶には交感神経と副交感神経の働きをバランスよく高めるという働きがあることから、身体がスムースに働けるようになる効果があると考えられます。つまり仕事に疲れて自律神経のバランスが乱れたときに、それを回復させ、再び仕事にしっかりと臨める状態を取り戻す働きがあると考えても良いでしょう」(古賀先生)

紅茶は、ほっと一息つきたいときに飲むことも多いような気がしますが、実はその後、仕事にしっかりと臨むサポートになるというのは驚き!

今後、オフィスドリンクは「紅茶派」なんていう人も増えるかもしれませんね。

【取材協力】
精神科医・産業医 古賀良彦先生
精神科医、杏林大学名誉教授、特定非営利活動法人日本ブレインヘルス協会理事長。
うつ病等の精神障害の治療研究のエキスパート。職場のメンタルヘルス不調についても造詣が深い。さらに、香りや食品の健康増進効果について、脳波分析や脳機能画像を用いて積極的に研究。

取材・文/一ノ瀬聡子

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ