NGT48・早川劇場支配人がツイッター開始も炎上の連続 ファン「納得しようにも不可能」

2019/5/27 06:16 しらべぇ

(Siharat Sangkomo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) (Siharat Sangkomo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

トラブルが続き、収拾の兆しが見えないNGT48問題。18日にグループ卒業公演を行った山口真帆は、大手芸能事務所・研音に移籍し、高く評価されたが、それ以外は何をやっても批判が集まるような状況だ。

 

■早川支配人がツイート開始

24日、NGT48の早川麻衣子劇場支配人がツイッターを開始した。

 

このツイートを皮切りに、27日1時現在、フォロワー数は25,000を超えている。

 

■投稿には批判が殺到

しかし、ある投稿から狙いとは「逆効果」につながってしまったようだ。

このツイートのコメント欄には、批判が殺到。

「前支配人と厄介と呼ばれるファンと繋がっていたのは噂でなく、真実です。これを指摘したファンが劇場公演に入れなかったなど実害もありました。だから真実です」

 

「この状況でそういうこと言えるって、どんなメンタルしてるんだよ」

 

「山口真帆さん、菅原りこさん、長谷川玲奈さんが辞めざるを得なかった事実は覆りません。 噂で辞めたのと違いますよ?  山口真帆さんの向かいの部屋の賃貸契約状況、鍵の受渡し状況を説明してください」

 

ファンのコメントに回答するツイートも見受けられる。

■コメントに反応するも…

「鍵の受け渡し状況を説明してください」というコメントに対して、支配人は「ポストに鍵は入れていません」と反応。これに対しては、

「ツイートでひっくり返すのはムリです。今村さんを連れて記者会見をしないと。 ここに書き込んでる人たちがどれくらい今までこの問題について考えて来たと思ってるんですか。 今頃ツイート数件で納得させようなんて不可能です」

 

「第三者委員会の発表記者会見で松村さんが言った事は嘘って事ですか? 」

 

完全に収拾がつかない状態になっている。

 

■核心的部分に触れてみたが

「メンバーが私的に会ったことはない」という内容を書くと、コメント欄はまたまた炎上。

「すごく話に矛盾を感じます。何が言いたいのか本当にわかりません」

 

「喋れば喋るほどに募る不信感」

 

火に油を注いでいる状態だ。

 

■ネットの扱いは難しい

ユーザーたちと支配人の間で、全く噛み合わないツイッター上のやり取り。それは、支配人のネット対応やコメント返しの拙さにも要因があるだろう。「そこまで言わなくても」というコメントも見られる。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、6割以上が「なんでもネットにアップする風潮が嫌い」と回答した。

支配人がいくらツイッター上で説明しようとしても、ファンは「納得しない」と主張。山口元メンバーは新しい事務所研音へ移籍。そして荻野メンバーは、「殺す」と脅迫を受けるなど、混乱は続いている。

ファンと運営の関係をもう一度ゼロから立て直さないと、深い溝は埋まらない。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント342

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ