乃木坂46選抜ライブ、至近距離のメンバーにファン乱舞「ハッピーな熱い夜」に

2019/5/27 00:00 ドワンゴジェイピー news

乃木坂46選抜ライブ、至近距離のメンバーにファン乱舞「ハッピーな熱い夜」に 乃木坂46選抜ライブ、至近距離のメンバーにファン乱舞「ハッピーな熱い夜」に

乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念ライブが、24日(金)から26日(日)までの3日間横浜アリーナで開催された。

最終日は『Sing Out!』選抜メンバー、井上小百合、佐藤楓、鈴木絢音、岩本蓮加、阪口珠美、渡辺みり愛、伊藤理々杏、新内眞衣、梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、松村沙友理、星野みなみ、桜井玲香、大園桃子、堀未央奈、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、高山一実、与田祐希の22名が揃って登場した。


『overture』のあと、23rdシングル『Sing Out!』のイントロが始まると会場からは自然にクラップが。メンバーは乃木坂カラーと白のロングスカートをひらひらさせ華やかに開幕を告げた。

生田センター曲『何度目の青空か?』、白石&卒業した西野がセンターを務めた初の“レコード大賞”受賞曲『インフルエンサー』を白石と齋藤がセンターポジションで披露、そして白石が「選抜ライブへようこそ!私たちとハッピーな時間を過ごしましょう!!」と外周に駆け出しデビューナンバー『おいでシャンプー』をファンの近くで披露すると熱狂の渦に。さらに桜井が「もっと声聞きたいなー!」と煽り、齋藤が「みんなで熱い夜にしましょう!」とセンター夏曲『裸足でSummer』とシングル表題曲を立て続けにお見舞いした。

2nd BIRTHDAY LIVE以来となる横アリでのライブに意気込みを聞かれたメンバー。梅澤は「昨日の4期生ライブを客席で観てすごく感動したんです。伝えたいものがビシバシ伝わって。初心に戻りました。今日はそのバトンを受け継いだのでものすごい気合入ってます」と答えると、与田は「アンダー、4期生ライブと観てきて、お客さんの前に立った時、近くて恥ずかしいと思っちゃったので、今日の目標は照れずにやる。先に照れたほうが負けですよ♡」と会場を虜にさせた。さらに齋藤は「きょうはばっちりです。里見萌先生(「俺のスカート、どこ行った? 」の白石麻衣の役名)の授業をきのう観て、思いを受け取って放出するのです。私のためだけのやつだからね!あれは」となぜが鼻息が荒い。

ここからは4thアルバム『今が思い出になるまで』ブロック。生田、桜井、久保の『ぼっち党』。堀、みり愛、北野で『ゴルゴンゾーラ』。白石、高山、秋元、新内、そして斉藤優里も参加して『頬杖をついては眠れない』をそれぞれ初披露した。アンダーライブに続き登場した優里は「終わった時の解放感ヤバかった。初披露上手くいったよね!?でも今日限りかなー?」としんみりさせてしまった。

続いてのブロックは「乃木坂の夏」を体感すべく、珠玉の夏曲を連続投下。「ちょっと早いけど夏気分にさせちゃうぞーー!」の優里の煽りで会場はテンションアゲアゲ。つば広のストローハットにデカサングラスのリゾート風や浴衣姿の衣装も夏らしく、さらに巨大なバルーンや、カラーボール投入で『走れBicycle』『夏のFree&Easy』『ガールズルール』『太陽ノック』『ジコチューで行こう!』をノンストップで披露、この日各地で観測された真夏日を遥かに超える熱気で横アリが揺れた。

続いて、新曲に収録の楽曲たちを披露。松村&生田の『曖昧』、大園、岩本、与田、阪口、久保のユニット曲『平行線』、白石&齋藤『のような存在』、堀、星野、北野、みり愛、絢音ユニットの『Am,I Loving』をパフォーマンス。

そして突然、松村の”さゆりんご”コーナーへ。「一人じゃ恥ずかしいからメンバー呼びまーす!」と佐々木琴子、寺田蘭世の“さゆりんご軍団”メンバーを招き入れるが「あれー??3人だけー?」と、なんと伊藤かりんがサプライズ登場し、会場は熱狂に包まれた。お決まりの「頑張りまっちゅーん!」の円陣の後『白米様』『さゆりんご募集中』を可愛く披露。今日はかりんの誕生日ということで、香車の駒のリアルなケーキが登場。そして松村軍団長から手紙が読まれ、かりんが卒業しても“さゆりんご軍団”は卒業しないようにと指示が。かりんはそれに答え、「軍団で武道館は諦めていません!」と高らかに宣言し大きな声援を受けた。

後半は『ありがちな恋愛』『命は美しい』『シンクロシティ』『スカイダイビング』と続き、息もつかせぬ選曲で会場のボルテージを上げた。

『ロマンスのスタート』でキュートに盛り上げたあと、齋藤は「乃木坂46はいま変化の時だと思うんです。それをさびしく思うひともいると思うんですけど、(メンバーは)変化にも耐えうる人たちだと思います。これからも変わらない気持ちを持ち続けていきたいと思います」とメッセージを贈り、乃木坂46の普遍的名曲『君の名は希望』をしなやかに、そして力強く歌い上げ本編は終了。

アンコールでは、ふたたび『Sing Out!』を披露。実は「乃木坂工事中」(テレビ東京)内でオリジナルのPVを制作中だが、その撮影をこの場で行うという。秋元のレクチャーでファン全員が振付を習得。齋藤は「番組で流れるので、“やらないことがカッコいい”とか考えられないですからね!」と念を押していた。その甲斐あって会場と一体となった撮影は大成功。オンエアが楽しみとなった。

ここで優里が「歌い収めていない大切な歌があるんです」と『13日の金曜日』をリクエスト。有終のラストステージを飾った。さらに『ダンケシェーン』では生田が優里に向け、歌詞を一部替えてはなむけ。お決まりの「やっぱ乃木坂だな!!」は優里が締めた。

「また笑って会いましょー!」と泣き笑いでファンにメッセージを贈った優里。その明るさと愛らしさは乃木坂46の歴史にしっかり刻まれた。

最後は全員で『乃木坂の詩』を熱唱。優里は「みなさんと過ごした時間、絶対に忘れません!」とファンにメッセージを贈りステージを後にしたが、一向に席を立とうとしないファンからの鳴り止まない「ゆったんコール」に応え、メンバーがみたびステージへ飛び出し、『ハウス!』を披露して最後の最後までファンを楽しませた。

桜井は「シングル発売を記念して横浜アリーナでできるなんて本当に嬉しいです!今日は皆さんからたくさんの元気をもらいました!この勢いで夏の全国ツアーも頑張るのでよろしくお願いします!」と笑顔で意気込みを語り、アンダー、4期生、選抜の3日間の日程を終えた。ますます勢いが止まらない乃木坂46のハッピーパワーはこの夏も日本中に弾け飛ぶだろう。


このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ