「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

竜星涼&松井玲奈、学生時代はスクールカースト低め!?互いの印象を語り合う

2019/5/26 11:00 ドワンゴジェイピー news

竜星涼&松井玲奈、学生時代はスクールカースト低め!?互いの印象を語り合う 竜星涼&松井玲奈、学生時代はスクールカースト低め!?互いの印象を語り合う

竜星涼が主演する「都立水商!~令和~」(MBS/TBSドラマイズム)は現在、話題となっている学園ドラマ。といってもただの学園ドラマではない。水商売のイロハを教える都立高校が舞台なのだ。もちろん、架空の設定だが、この東京都立水商業高等学校にはキャバクラ嬢やホストなどを真剣に目指す生徒たちが集まっている。そんな学校で竜星涼が演じているのは新任の社会科教師、石綿直樹。そして、キャバクラ科実習教師として竜星演じる石渡直樹の同僚教師・乾千花に扮する松井玲奈の2人に直撃インタビューを行った。


――竜星涼さんと松井玲奈さんは今回、教師役。最初にオファーを受けたときの感想から教えてください。

竜星「以前、ほかの作品で先生役(「オトナ高校」テレビ朝日系・2017年10月期)をやらせていただいたことがあって。でも、そのときは生徒たちがみんな僕よりも年上の方たちばかり。とてもやりづら…いや、やりやすくさせてもらった現場なんですね(笑)。だから今回、若い生徒たちと晴れて先生役が出来るってことで、うわっ、うれしい!って思いました。まぁ、ふたを開けてみたら水商売を教える学校だったんですけどね(笑)。とはいえ毎回、生徒たちと熱い授業を繰り広げる骨太の学園ドラマです!」


松井「最初は生徒を前に、ちゃんと先生としてしゃべれるのかなって不安もありました。でも、教えるのはキャバクラ嬢としての極意ばかり(笑)。私も知らないことがすごく多かったですし、撮影を通してキャバクラ嬢は接客のプロなんだなってことが理解できました。あと先生らしくホワイトボードを使って授業もしてみましたが、私が学生時代、何気なく受けていた授業で先生たちはすごく大変なことをしていたんだなってことも実感できて。またひとついい経験が出来たなって思います」


――お2人は「オトナ高校」でも共演されてるんですよね?

竜星「そうなんです」

松井「でも、同じシーンがなくて」

竜星「僕なんか、後になってから共演したことを知りましたから(笑)」

松井「私は知ってましたよ。だから竜星さんは先生のイメージが強いんです」

竜星「ホントですか?」

松井「いつも先生役をやっているって思っていました(笑)」

――現場での竜星さんは、どんな方ですか?

松井「竜星さんは柔軟な役者さん。お芝居の中でもすごくアドリブを入れてくるんですよ。遊べるところは遊んで、締めるところは締めるみたいな。ある意味、竜星さん自身がアトラクションみたいな人だなって(笑)」


――アトラクションというと?

松井「何が飛び出してくるかわからないみたいな(笑)。セリフがないシーンでも周りの人が話しているのを聞いて、そのリアクションで、いかに自分のキャラクターを出せるかを常に考えていらっしゃって。竜星さんにはいつもびっくりさせられていました」


――べた褒めですね!

竜星「いやいやいや、違うんですよ。僕が唯一、遊べるのが先生たちと一緒のシーンなんです。息抜きじゃないですけど、やった!って感じで松井さんたちとのシーンは楽しく演じさせてもらってました。僕は松井さんを、とても品がある方だなぁって思っていて」

松井「ありがとうございます」

竜星「芝居中はキャバクラの話しだったり、怒鳴ったりするんですけど、普段からはまったく想像ができなくて。それを松井さんが演じているから面白いんでしょうね。普段の松井さんはとても知的で素敵な方だなぁと思います」

松井「そんなこともないんですけどね(笑)」

竜星「確かに、ちょっと抜けたところもあるかも(笑)」

松井「そうですよ。ダメなところもいっぱいありますから。でも、千花先生はNo.1キャバクラ嬢というバックボーンがあるので、所作がキレイじゃないといけないかと思って、演じるときはちょっとだけ気にしていました」

竜星「僕はまんまとそれに引っかかったんですね(笑)」


――先ほど、竜星さんはアトラクションのようにアドリブが飛び出すとおっしゃっていましたが、松井さんは?

松井「私はそんなにアドリブは得意じゃないんですよ。でも、竜星さんは“それってどういうことですか?”って聞いてきたり、“続きは?”とか台本にないセリフを言ってきて」

竜星「でも、すごく冷静に返してくれるんです」

松井「千花先生のキャラクターも崩しちゃいけない!って思いながら、飛んできたボールを打ち返すのはスリリングで楽しかったです(笑)」

――ちなみに松井さんは参考にするためにキャバクラへ行ったりはしたんですか?

松井「行ってないです。行きたいなとは思っていたんですけど、わりとバタバタと撮影に入ってしまったので。だから動画サイトでキャバクラ嬢の動画などを見て勉強しました」

竜星「そんな動画があるんですか?」

松井「YouTuberをやっているキャバクラ嬢の方の動画は結構、パンチの強いものが多かったですね(笑)」


――竜星さんは先生役を演じるにあたり、何か参考にはされましたか?

竜星「僕はしなかったですね。元々、教師を目指して教師になった役ではなかったので。だから、現場で目の前の生徒たちと一緒に成長できたらいいなぁと思いながら演じました」


――お2人は小学生や中学生のとき、憧れの先生はいましたか?

竜星「キレイな先生がいたら憧れたし、好きになっていたと思います。でも、現実はそう甘くありません(笑)」

松井「私もいなかったですね。1年中、ランニングシャツと短パンの先生がいたり、アクの強い先生ばかりでしたからね(笑)」

竜星「そんな変わった先生ばかりだったの?」

松井「すごいんですよ。冬でも白のタンクトップに赤のショートパンツで。いつも自転車できて、校門の前で“おはよう!”って言ってくれるんです。先生ってたくましいなぁって当時は思っていました(笑)」

竜星「それさ、こっちは生徒だから“そういうものなんだ”って思っちゃうけど、普通に大人の視点として見たら結構、ヤバい先生ですよね?」

松井「ギリギリでした(笑)。常に競技用ユニフォームを着ている先生でしたから」

――もし、竜星さんみたいな先生が実際にいたら?

松井「間違いなく人気者になっていたでしょうね。私は学生時代、スクールカースト低めの人間だったので、たぶん、近寄れないんじゃないかなぁ」

竜星「ちょっと待って。スクールカースト低めって何?」

松井「生徒たちの中でも底辺ってことですよ(笑)。竜星さんは充実した学生時代を送っていたので、知らないかもしれません!」


――では、松井さんみたいな先生がいたら?

竜星「常にみんなでいじっていたと思います。“先生、彼氏いるの?”とか」

松井「あぁ、ありがちなやつですね。みんな絶対に聞くやつ(笑)」


――逆に竜星さんが先生で、松井さんが生徒だったら?

竜星「きっと授業や僕の話しをちゃんと聞いてくれそう。教えたこともすぐに実行してくれそうだし。柔軟でありながらも瞬発的に反応してくれる生徒になるんじゃないかな」


――竜星さんが生徒だったら?

松井「もし水商にいたら、ホスト科もマネージャー科も向いていそう。周りを見る力もあるし、ほかの生徒たちともすぐ打ち解けられそうだし。現場の空気をすごく見ているなって、お芝居中も思っていましたから」

竜星「ということは、僕は水商に入学したほうがいいってことですね?」

松井「でも、役者が一番ピッタリ合っていると思います!」

竜星「いい締め方をしてくれて、ありがとうございます(笑)」


<第4話 放送概要>

MBS:5月26日(日)深夜1時50分~

TBS :5月28日(火)深夜1時28分~


文・写真:今 泉


このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ