「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

松本人志、大麻使用の擁護派に苦言 「自己弁護だから説得力ない」

2019/5/26 14:31 しらべぇ

26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、しらべぇでも既報の田口淳之介の大麻所持報道ついて取り上げた。

 

■松本人志「自己弁護は説得力がない」

覚醒剤使用に関して基本的に否定的なスタンスをとる松本。今回の件では、大麻使用の擁護派に一言物申す展開があった。

「いっつも大麻のときって、『海外じゃ合法になるとこもある』って話になるよね。『日本も合法化にせえよ』という人もいる。でも、そういう人って必ず大麻やってる人なんですよ。だから説得力がない。自己弁護のために言ってるだけ」

 

誰とは明言していないが、大麻擁護発言をする誰かをチクリと刺す発言だ。これを聞いて思い浮かぶ顔は人によって違うようで、視聴者からは何人か別の人の名前が上がっていた。松本の大麻合法化についての見解は続く。

「大麻をやってない人から『合法にしてもいいんじゃない』って意見が出そうになると、こういう人たち(逮捕者)が出る。だから、議論がどんどん遠のいていくんですよね」

 

覚醒剤は絶対否定派だった松本だが、大麻に関しては「話し合いの余地はある」と感じているようにも聞こえた。

 

■松本「大麻合法化したいなら辞めろ」

トラウデン直美が、「大麻合法化は闇ルートを断つためにした国もある」と言えば、松本も大麻合法化についての持論を展開する。

「していいのかどうかは置いておいて、本当に合法化したいのなら、やっぱりみんな辞めないと。一回辞めてからじゃないと、話が進まないと思うんですよ」

 

現在の日本では大麻使用は犯罪である。ゆえに、大麻合法化を訴えるのであれば、そもそも大麻使用をしていない法的に綺麗な状態な人たちでやってほしいと考えているようだ。

■松本の意見に視聴者「よく言った!」

松本の「大麻使用を擁護するのであれば、使用してない人が言うべき」の言葉に激しく同意する視聴者は多い。

大麻を使用していない人からすれば、日本で大麻使用が解禁されたとしても、大麻が原因で事件や事故が増えるリスクを考える人のほうが多いのではないか。

酒や煙草の使用者ですら問題だらけ。これに大麻の使用者による問題が増える可能性があるのだから、ぞっとしない。

大麻には医療目的での使用、嗜好品としての使用など、使用法も様々ある。一概にダメとするのも難しい。まずは、科学的根拠を元にした透明な話し合いが必要なのだろう。

(文/しらべぇ編集部・モトタキ)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント83

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ