「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

うん無理!あまりの痛さに予定外の和痛分娩の申し出に、即同意! by mito

2019/5/24 10:45 赤すぐnet みんなの体験記

出典:赤すぐ 出典:赤すぐ

臨月に突入しても我が子の肌着の水通しはおろか、なかなか入院バッグすら作らなかったズボラ妊婦。(陣痛アプリもおしるしが来てからダウンロードしました…苦笑)

出産が近くなると健診の時に産院から記入を求められたバースプラン。
勉強不足の私は、「ん?バースプラン?とはなんぞや??」状態。
妊婦さんが赤ちゃんを出産する際にどうしたいか?を確認するものなのですが、
もちろんこれといってこだわりもなければ希望も無い私。

助産師さん達は初産を気遣ってか
「へその緒は自分で切るか?旦那さんが切るか?先生が切るか?」や、
「最近は和痛分娩にする方も多い」と和痛のメリットなど、様々提案してくださいました。

・和痛分娩は痛みが緩和される為、安楽なお産を迎えることが出来る人が多い。
・また、赤ちゃんが産道を通って来ることを感じながら出産できて神秘的な体験になる。
・分娩中や産後の体力低下も和らげることができ、産後の疲労度も全く違う

なんと!いいことだらけではないか!

しかし当然デメリットも。
・麻酔のトラブル(全身が痒くなったり、足のしびれ、麻酔の効きすぎでいきめない)
・吸引分娩の割合が高くなる
・コストがかかる
など。


主人はほとんど日本にいない為、一人で出産するつもりでいたので多少不安な部分もありました。
なのでせめて痛みが和らぐのなら…と和痛分娩に興味はありつつも、リスクを聞くとやはり尻込みし、「へその緒は自分で切ります。あとは普通でいいです。」と回答しました。

そしてやって来た決戦の時!!!(笑)
前回お話ししましたが、あまりの痛さに失笑するレベル。

さらには前駆陣痛も長いのなんので
何度も産院に問い合わせるも
「うん!初産だし、まだ自宅待機で大丈夫!」

丸1日苦しみ、やっと産院に行くも
子宮口4㎝

「うーん、どうする?帰るの辛いよね?」
待て待て待てぃ、入院バッグ片手にこちとら入院する気満々で来たのに
この期に及んで帰宅という選択肢があるのかーい!!

f:id:xybaby_ope_01:20190514095849p:plain

辛さを訴え、ようやく入院することに。

f:id:xybaby_ope_01:20190514095923p:plain

そして甘くみていた痛さは徐々にとんでもないものとなり、痛さのあまり嘔吐。
だんだん不安になり心細くなる中、思い出すのは主人の言葉…

f:id:xybaby_ope_01:20190514095951p:plain

うん、全然無理。
超絶痛くて、全然大丈夫なわけなかったわ!

f:id:xybaby_ope_01:20190514100016p:plain

病院側から、前駆陣痛も長いので出産の時体力が残ってないと踏ん張れないし、
和痛にするのも有りだよ?どうする?と提案があり
即同意。


恐ろしかったのは背中に麻酔のチューブを差し込むくらいで、
その後はベッドでネットサーフィンできるほどくつろいでいました。

睡眠不足もあったのでうとうと気持ちいい?.
って、麻酔…効きすぎてる?

なんとベッドから落ちた足が自分で戻せないほど足の感覚が無い状態に。

f:id:xybaby_ope_01:20190514100122p:plain

その後、あまりにも陣痛が進まないので、このままだと赤ちゃんも疲れてしまうし出産の時に出血が多くなるので、促進剤を使った方がいいと提案され、言われるがまま同意。

そして再度吐き気。
(嘔吐)

そしてそしてやはり麻酔が効きすぎの為
いきむ力が全く出ず、吸引分娩に…

f:id:xybaby_ope_01:20190514100207p:plain

産後全身のかゆみと熱とひどい下痢になり、我が子のお世話ができるようになったのは二日後…

ノープランのバースプランで挑むも結局盛りだくさんの内容に…(笑)

和痛分娩にして残しておいた体力は出産に使うことはできませんでしたが、
当初のプランにあったへその緒カットに全力を注ぐ結果となりました。

また機会があれば、
今度こそはバースプランをしっかり立ててみたいなと思います。

前回エピソード:「大したことなかったよ」友人の言葉を鵜呑みにして丸腰で臨んだ出産。話が違うやないかーーい! by mito

f:id:akasuguedi:20190109105944p:plain

著者:mito
年齢:30代
子どもの年齢:2歳

猫と息子とたまーーに帰ってくる旦那と暮らしています。ワンオペ育児でズボラになりがちですが呑気にゆるくブログも更新しています。

インスタグラム:@sitter_nico

ブログ:意識低い系妻のワンオペ育児


※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。


このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ