明日最終日、第72回カンヌ国際映画祭が開催中です

2019/5/24 20:30 tenki.jp

カンヌの美しい街並み カンヌの美しい街並み

今年も世界三大映画祭のひとつ、カンヌ国際映画祭が5/14〜5/25(日本時間)まで開催中です。いよいよ明日の最終日、最高賞のパルムドールはじめ各賞が発表されます。昨年は、是枝裕和監督の「万引き家族」がパルムドールを受賞し、大変話題になりましたね。今年はいったいどんな映画が受賞するのでしょうか。カンヌ国際映画祭と言えば、欧米の作品以外にもアジア各国の作品や、世に出る前の若手監督などが各賞を受賞するなど、映画の本場・米国ハリウッドで開催されるアカデミー賞とはちょっと違った趣。世界中の映画ファンから愛されている映画祭です。一年を通じ温暖な気候の世界有数のリゾート地、フランスのカンヌ、5月は日本と同じように過ごしやすい気候だそう。世界中から最も多くの映画ファンや観光客が集まり、盛り上がっていることでしょう。

カンヌとタランティーノ監督

日本映画通のタランティーノ監督日本映画通のタランティーノ監督今年、最も注目が集まる作品と言えば、当代きっての大人気ハリウッド俳優、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演するクエンティン・タランティーノ監督作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。シャロン・テート事件を題材に、ハリウッド映画黄金期の終焉を描いた作品だそう。
カンヌ国際映画祭は、最高賞のパルムドールを筆頭にグランプリ、監督賞、男優賞、女優賞など主要な受賞に注目が集まりますが、コンペティション部門として期間中上映される作品にも、いつも注目が集まりますね。映画祭期間中は、世界中の映画バイヤーが集結、映画見本市の側面もある映画祭だそう。
カンヌ国際映画祭をキッカケに、世に出たと言われる今や売れっ子監督のクエンティン・タランティーノ。1992年の監督デビュー作「レザボア・ドッグス」がカンヌで出品され、見出されたと言われています。2作目の1994年の作品「パルプフィクション」がパルムドールを受賞し、映画監督として確固たる地位を築いていったタランティーノ監督。2004年には審査委員長もつとめています。
タランティーノ監督と言えば、日本映画通としても有名です。千葉真一の大ファンで、様々な日本映画へのオマージュがちりばめられている作品も多く、日本の映画ファンにも愛されていますね。筆者ももちろん大ファンです。また、とにかく映画が大好きで、寝てもさめても映画の事を考えているそうで、レンタルビデオ店の店員から、世界的映画監督に登りつめた彼の経歴には夢があり、筆者のような世界中の「映画オタク」からも絶大な人気を集めています。映画愛にあふれた彼の作品は、これからも映画ファンから愛され続けていくのではないでしょうか。

やっぱり気になります、絢爛豪華なレッドカーペット

映画祭と言えば、レッドカーペット!映画祭と言えば、レッドカーペット!カンヌ国際映画祭のもう一つのお楽しみと言えば、やはりレッドカーペット。ファッション大国・フランスで開催されるとあり、多くの女優たちをはじめ、参加者たちの装いにも気合が入っているよう。筆者も毎年、ハイブランドのドレスに身を包んだ美しい女優さん達にうっとり、注目してしまいます。
ところで、そもそも、何故「レッドカーペット」なのでしょう?
時は紀元前に遡ります。古代ギリシャ神話の中で、高貴な人々が通る道が「赤い道」と描かれたことが由来となっているそう。1900年代初頭からは特別列車に乗車する乗客の為に赤い絨毯が敷かれたり、現在の晴れやかな行事の際に敷かれる「レッドカーペット」へと繋がっていったようです。明るく目を惹く赤い色は古代から、高貴な色として人々に親しまれていたのですね。
さて、今年のカンヌ国際映画祭の受賞発表は日本時間の明日25日。いったいどの作品が栄光に輝くのでしょう。楽しみですね。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ