使用実態は1割ほど… 環境省が「日傘男子」を推奨する理由を取材した

2019/5/23 09:41 しらべぇ

UVケア商品のポスターやテレビCMなども目立ち、紫外線が強くなり始める5月。環境省は、男性にも日傘を勧めるキャンペーンを開始した。

日傘というと、夏に女性がお出かけする際は必需品といったイメージもあるが、今回はなぜ男性なのだろうか。しらべぇ取材班は環境省と日傘を販売する百貨店を直撃した。

 

■日傘男子の実態は…

国が日傘を勧める一番の理由は、夏に続出する熱中症を防止するため。実際、環境省が男性6名を被験者に実験した結果、「帽子のみの場合」と「日射を99%遮る日傘を使った場合」では、後者のほうが約17%汗をかく量が減少することが分かった。

 

しかし、男女別の日傘使用実態について聞いたところ、同省の調査では、女性の約7割が使用しているのに比べ、一方男性の1割強程度とかなり少ないのだという。

 

■百貨店は昨年の2倍仕入れ

また、場所柄ビジネスマンの利用も多い大丸東京店に男性用日傘の売れ行きを聞いたところ、とくに昨今は好調なようだ。

「昨年あたりから男性の日傘の問い合わせが出てきまして、今年は昨年の2倍近い商品数を揃えました。折りたたみや長傘、軽量タイプなど用途に合わせて選べますし、晴雨兼用や雨晴兼用が基本です」

 

■「夏は必要」の声も

ネット上の意見を見てみると、日傘男子へのイメージは好感触の模様。中には日傘が似合う有名人のイメージのあるの稲垣吾郎を連想する人も。

「持ってても変じゃないし、倒れるよりいいよ!」

 

「普通に夏とか必要だよね」

 

「今年デビューしてみよかな」

 

「日傘男子と言ったら稲垣吾郎しか浮かばない。紫外線が強くなってきているので、男性も必需品になるのでは」

 

■日傘男子の支持率は…

環境省も百貨店も前のめりな「日傘男子」だが、世間の印象はどうなのだろうか。しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,352名を対象に調査したところ、「男子が日傘をさすのはアリだと思う」と答えた人は、男性で26.4%、女性はやや高く34.3%。いずれもまだ少数派だ。

日傘

クールビズのように一般に浸透する習慣になるのか、この夏に注目したい。

(文/しらべぇ編集部・おのっち)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1352名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント16

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ