辻希美、0歳息子が保育園に入れず… 「涙の訴え」に反響相次ぐ

2019/5/22 16:45 しらべぇ

タレントの辻希美が22日に自身のブログを更新。昨年12月に生まれた三男の保育園入園再申し込みをしたが、入れなかったことを明かした。

 

■保育園に再申し込みするも「入れず(泣)」

この日、三男を抱っこする写真をアップした辻は、「最近お仕事のほうがちょい忙しくなってきたので、再度保育園を申し込みするも…入れず(泣)」と報告。

「0歳児はとくに難しいよねぇ〜 でも、1歳まで待っても0歳児が1歳枠に上がってしまうから空きは無く…涙」と待機児童問題の複雑な思いを明かし、「保育園問題…戦っております」とつづった。

 

■「厳しい現状」に心配の声

家事、育児をこなしながら、テレビをはじめブログやインスタグラムやYouTubeなど幅広く活動している辻。忙しい彼女にとって、保育園に預けられるかどうかは死活問題といえるかもしれない。

投稿を受け、ネット上では「大変すぎる」「辻さんの子供でも入れないとは厳しい現状です」と心配の声があがった。

■なぜ厳しい意見が?

しかし、一方で「ベビーシッターを雇えばいいのでは?」「辻ちゃんよりも深刻な方々もいるはず」「他の人に譲ってほしい」と否定的な意見もみられた。

ブログなどの発言が炎上することも珍しくない辻だが、彼女のキャラクターを差し引いたとしても厳しい言葉が並ぶ。こういった意見があがるのも、待機児童問題の根深さをあらわしているとも言える。

ただ、こういった批判意見に対し、「叩くべきは働きたい女性が働きにくい環境を作っている国じゃないの?」「『シッター雇えばいいじゃん!』って簡単に言ってる人多いけど、他人を家に入れるって難しいんだよ! 保育園なら他人の目もあるからシッターさんより敷居低く預けられるんだよ!」と応援する声もあがっている。

 

■待機児童問題は改善されている?

いまも続く待機児童問題。しらべぇ編集部では、2016年に全国20〜60代の男女1,354名に対して「待機児童問題」について調査を実施。「改善している」と回答したのは1割とごくわずかだった。

待機児童問題

辻の訴えに対して否定的な声もあがっているが、子供を保育園に預けられないと悩む気持ちは他の母親たちと同じなはず。辻の子供だけでなく、待機児童が1人でも減ることを切に願いたい。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント705

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ