「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

ラクしたい思いが強いすぎて… もはや横着になっている人の行動とは

2019/5/20 11:01 しらべぇ

(©ぱくたそ) (©ぱくたそ)

「楽をする」と聞くと、あまりいい意味でとらえない人もいるだろう。しかしできるだけ楽がしたいと思うのは、人間の本質なのかもしれない。

 

■6割以上が楽をしたい

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「自分の行動について」の調査を実施。

できるだけ楽をすることを考えることが多いグラフ

「できるだけ楽をすることを考えることが多い」と答えた人は、全体で65.0%と高い割合になっている。

 

■仕事終わりの家事は大変なので…

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高い。

できるだけ楽をすることを考えることが多い性年代別グラフ

共働きの女性が、家事で楽をしたいと思うのは当然だろう。

「うちは共働きだけど、帰りは私のほうが早い。そのため食事の用意は、ほとんど私がやっている。

 

さすがに仕事が終わってからは手間もかけられないので、疲れたときはスーパーのお惣菜とかで済ませることも多い。夫もそれは理解しているようで、文句は言わないから」(20代・女性)

■ベッドの中でずっと過ごす

楽というより、横着している人も。

「家にいるときには、常にベッドの中で過ごしている。必要なものはすべてベッドの周辺に置いておき、できるだけ出ない工夫をする徹底ぶり。

 

軽いおやつを食べることから持ち帰った簡単な仕事までしているから、もはやベッドはなにをするところなのかわからなくなっている」(30代・男性)

 

着替えさえも、面倒のようだ。

「休みの日に着替えるのが面倒なので、ずっとパジャマでいる。Tシャツと楽なハーフパンツをパジャマにしているので、コンビニなどちょっとした外出などでも大丈夫」(20代・男性)

 

■仕事を効率化して楽をする

仕事も効率化することで、楽ができるとの意見も。

「今は仕事をどれだけ効率化できるかを、考えるのが楽しい。メールや書類のテンプレートがいっぱいできたし、教えられた通りにやっていたこともどこか削れるはずと見直している。

 

楽はしようとしているけれど、手を抜いているわけではない。効率化してできた時間で、もっとレベルの高い仕事をして成長したいと思う」(20代・男性)

 

楽をすることは、決して悪いことだけではない。ただ手を抜くところを間違えないようにだけ、注意したいものだ。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ