「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

萩原利久のライバル役に立候補!神尾楓珠が映画化されたら演じてみたいマンガキャラクターBEST3

2019/5/17 12:00 ランキングBOX

萩原利久のライバル役に立候補!神尾楓珠が映画化されたら演じてみたいマンガキャラクターBEST3 萩原利久のライバル役に立候補!神尾楓珠が映画化されたら演じてみたいマンガキャラクターBEST3

本日公開の映画『うちの執事が言うことには』に出演中の神尾楓珠。小説が原作となった今作にちなみ、マンガ好きな彼に、映画化されたら演じてみたいキャラクターBEST3を聞いてみました。かなり考え込んで選出された3キャラクター。主人公よりも、影で支えるキャラクターに惹かれるそうで、仲良しのあの俳優と一緒に演じてみたいという野望も明かしてくれました!

【神尾楓珠 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
5月16日〜17日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、17日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

【1位】うちはサスケ(『NARUTO–ナルト–』)

元々、『NARUTO–ナルト–』が大好きで、その中でもうちはサスケは超カッコいいんですよ!自分の兄(うちはイタチ)たちに翻弄されて悩みながら生きている姿がいいというか。クールに見えて、実は葛藤を抱えているところが人間臭くてカッコいいですよね。もし、実写化されてサスケができるなら、ナルトを「ウスラトンカチ」って呼ぶシーンは絶対やりたい(笑)。で、いろいろあっても結果、カッコいいっていうのがサスケなので、その魅力がしっかり出るように演じたいですね。

【2位】高嶺清麿(『金色のガッシュ!!』)

個人的に『金色のガッシュ!!』は、ギャグ要素がありながらも涙腺崩壊するほど感動する話が多いと思います。僕は毎話、泣いていました。その中でもガッシュと清麿はコメディからシリアスまで振り幅が大きくて難しいとは思いますが、戦うごとに成長する人物なので、演じたらすごい楽しそうだなと思います。今作をどう実写化するかはわからないですが、ガッシュと一緒に“やさしい王様”を目指したいです。人間じゃない相手との掛け合いもすごく楽しそう。ウマゴンをどう実写化するのかと、クセの強いフォルゴレを誰が演じるかも興味があります(笑)。

【3位】塔矢アキラ(『ヒカルの碁』)

すごく個人的な理由なんですけど、仲の良い萩原利久が「実写化するならオレは『ヒカルの碁』のヒカルがやりたい」と言っていまして。だったら僕はライバル役のアキラをやりたいなと。あと、元気で前に出る主役よりも、あえて一歩引いた二番手をやりたいというか。僕自身がどっちかというと陽というより陰だと思うんです(笑)。アキラもちょっとクールで大人びている“陰キャラ”なので自分に合っている気がするんですよね。

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ