「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

【インタビュー】神尾楓珠「“執事気質”はまったくなくてむしろやってもらいたい」注目度急上昇中の若手俳優の素顔に迫る!

2019/5/16 12:00 ランキングBOX

【インタビュー】神尾楓珠「“執事気質”はまったくなくてむしろやってもらいたい」注目度急上昇中の若手俳優の素顔に迫る! 【インタビュー】神尾楓珠「“執事気質”はまったくなくてむしろやってもらいたい」注目度急上昇中の若手俳優の素顔に迫る!

ドラマ『3年A組–今から皆さんは、人質です–』(日本テレビ系)で俄然、注目度が上がった神尾楓珠。永瀬廉(King &Prince)の初主演映画『うちの執事が言うことには』で主人に仕えるハウスキーパー代理・峻を演じ、キラリと光る存在感を見せているが神尾自身は「世話をするより世話をしてもらいたいタイプ(笑)」とぶっちゃけ。さらに「一生寝ない能力が欲しい」「なるようになる精神で生きている」などなどマイペースなコメントを連発。その自由なキャラ、クセになってハマりそう(笑)。

【神尾楓珠 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
5月16日〜17日に掲載されるインタビュー&ランキングの記事下に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、17日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

■永瀬廉と清原翔の関係性に嫉妬!俳優になって一変した自分の性格を分析!!

――完成した作品を観た感想は?
神尾 話の展開も映像的にも鮮やかな印象があったんですけど、やっぱり主演の(永瀬)廉と(清原)翔くんの関係性がいいですよね。ふたりの距離感の縮まり方とかすごく繊細に描かれていて「いいな、いいな」って嫉妬しちゃいました(笑)。

――現場の雰囲気もすごく良かったそうですが。
神尾 廉は当主という役のためにあえて僕らから一歩距離を置くときもあったけど、基本的に全員すごく仲が良かったです。しかも僕、廉とはプライベートで一回だけフットサルをやったことがあって。でも彼は最初、それを覚えていなくて、僕がその話をしたら「あ〜!」って思い出してくれました(笑)。

――神尾さんは、そんなちょっと天然の廉くん演じる当主・烏丸花潁の下で働くハウスキーパー・峻を演じたわけですが、演じる上で意識したことは?
神尾 峻は主人の花潁に合わせる立場だから、僕も演じる時はあえて自分で決めずに廉に合わせるようにしたんですよ。ただ、峻は母親や妹をすごく大事にする子なので、家族でいるときは親密な空気感が出るように意識しました。端から見たらマザコンかシスコンかってくらい家族思いで“友だちはいるのかな?”って心配になっちゃうけど(笑)、峻はそこを恥ずかしからず当たり前にできる純粋な子で闇がない。闇って意識してなくても表情や仕草で伝わってしまうからいかにそう見せないか、そこは気をつけました。

――神尾さんは闇がある?
神尾 いや、ないです(笑)。僕、100人いたら100人から闇があるように見られるんだけど、本当に闇要素ゼロ。ストレスもなくて“なるようになる”精神で生きていますから。ただ、ちょっと前までは言いたいことを吞み込んでしまう性格で、その頃の自分と峻が重なる部分はあるんですよね。僕も子供の頃とかは自分のおじいちゃんに「これうまいから食べな」って言われると、お腹がいっぱいでも無理して食べるような子だったので。

――身内にも気を使う子だったんですね(笑)。それが変わったのはいつから?
神尾 俳優になってからですね。いろいろな役をやっているうちに、いろいろな人格が入ってきたのかもしれない(笑)。あと、この仕事をしていたらやっぱり言いたいことはちゃんと言わないとダメじゃないですか。言わなければスタッフにも共演者にも伝わらないし、自分が言えば相手も返してくれる。実は『3年A組–今から皆さんは、人質です–』で一緒だった萩原利久とは、昔から仲が良かったんですけど、撮影中にお互いに言いたいこと言い合っていて。そしたら深いところまで知れることができて、今は毎日会うくらいの存在になったんですね。だから改めて素直に言葉にするのは大切だなって実感しています。

■みんなが寝静まった後に○○を味わいたい!今、欲しい特殊能力とは?

――劇中では主人と雇われ人という立場上、言いたいことを言えませんが、ご自身の中に黙って誰かのお世話をする“執事気質”はあると思う?
神尾 まったくないですね(笑)。むしろやってもらいたい方で、焼肉とかお好み焼きを食べに行っても全部、ほかの人に焼いてもらっちゃうんですよ。だから、執事のいる生活にめちゃくちゃ憧れる。部屋を片付けてもらったり、服を選んでくれるって最高じゃないですか。ただ、執事以上に僕なら運転手が欲しいかも。終電を逃しても連絡したら迎えに来てくれるっていいですよねぇ(笑)。

――確かに(笑)。あと、花潁は「色彩感知能力」という特殊な能力を持っていましたが、神尾さんならどんな能力が欲しい?
神尾 睡眠時間ゼロでも生きられる能力。僕は、いつも寝ている時間がもったいないと思っていて、ショートスリーパーの人がすごく羨ましいんですよ。その最上級の能力ってことで、一生寝ないでいられる能力があったらいいなと。

――それくらいやりたいことがたくさんある?
神尾 いや、特には(笑)。だけど、みんなが寝ているときに僕だけ起きていて“しめしめ”みたいな。そんな気持ちを味わいたいんです。

――でも先程、話に出てきたドラマ『3年A組〜』で注目度が上がり、今後は忙しくてイヤでも寝られなくなるかも。年齢的にも今年の1月で20歳になり、役柄も世界もますます広がりそうですね。
神尾 20歳といえば僕、20代になった途端、別人になったんじゃないかってくらい突然、変わったんです。一番の変化は味覚で、前はダメだったコーヒーと炭酸が飲めるようになり、明太子とか辛い物も急にいけるようになって。本当に誕生日の1月21日になった瞬間、大丈夫になったんですよ。

――それこそ特殊能力じゃないですか?(笑)。
神尾 何の能力なんでしょうね?大人になったのかな?“20歳にもなって明太子くらい食べられないと恥ずかしい”って、脳が勝手に反応して変わったのかもしれないです(笑)。

文/若松正子

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ