【世界の街角】スペイン・テネリフェ島の美しき古都オロタバを歩く

2019/5/15 06:30 GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア

【世界の街角】スペイン・テネリフェ島の美しき古都オロタバを歩く 【世界の街角】スペイン・テネリフェ島の美しき古都オロタバを歩く

スペイン本土をはじめ、イギリスやドイツからのバカンス先として人気のテネリフェ島。南部はリゾート地として賑わうほか、島の各所には大自然を身近で感じることのできる絶景スポットやハイキングコースがいくつも存在します。

また海岸沿いの地域では、ダイビングやパラセーリングをはじめとするマリンスポーツも盛ん。島の大きさは東京都とほぼ同じくらいですが、実に多様なアクティビティがたのしめます。

一方で、歴史情緒あふれる旧市街も忘れてはいけません。島内には古い町がいくつも残されていますが、旧市街の美しさで知られているのがラ・ラグーナと今回紹介するラ・オロタバという町です。

ラ・オロタバが位置するのは、テネリフェ島の中心よりやや北のあたり。カナリア諸島自治州の州都であるサンタ・クルスから南西へ車で約30分の距離です。また町の北へ車で15分ほどの場所にはロロパークなどのあるリゾート地プエルト・デ・ラ・クルスもあり、これらの町から日帰りで訪れることが十分可能です。

オロタバの町がある渓谷は肥沃な土地として知られ、17世紀頃まではサトウキビの生産が行われていたほか、現在ではバナナやワインの生産が行われています。町へ向かう道を走っていると、車窓から見える広大なバナナ畑に驚くことでしょう。

GOTRIP!

旧市街に広がるのは、カナリア様式の建物がならぶエキゾチックな町並み。パステルカラーの家に、濃い茶色をした木製の窓枠がよく映えています。壁の色や窓枠の形など家ごとにばらばらである一方、町全体の雰囲気としては統一感があり、まさに美しいのひとこと。

GOTRIP!

GOTRIP!

アフリカ大陸のすぐ西という場所ゆえ、大陸文化の影響も少なからず受けたのでしょう。テネリフェ島はスペイン領ですが、ここではスペイン本土とはまた趣の異なるエキゾチックな雰囲気が感じられます。

GOTRIP!

オロタバを象徴する光景のひとつが、ベランダに飾られた真っ赤なゼラニウム。いたるところで、ベランダに所せましと飾られたゼラニウムが旧市街を彩っています。

GOTRIP!

中庭を開放している建物もあるので、見つけたらぜひ覗いてみましょう。オロタバの旧市街は中心部ほど道が狭くなりますが、一歩中庭に入ってみればこんなに広々として緑の溢れる空間が広がります。中庭がカフェやレストランになっている所もあるので、時間があればここで食事を楽しんでみては?

GOTRIP!

歴史と伝統を感じさせる美しい古都オロタバ。表情の異なる家をひとつひとつ観察しながら、のんびり町歩きを楽しんでみてください。

GOTRIP!

GOTRIP!

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ