「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

赤ちゃんを病院スタッフに落とされた両親、証拠動画を公開「娘は脳出血を起こしていた」(米)

2019/5/5 15:00 Techinsight

生まれたばかりの赤ちゃんに処置をする医師(画像は『FOX 10 Phoenix 2019年5月2日付「Video shot by family shows Chandler hospital staff dropping baby girl on her head」(Courtesy: Monique and Derrick Rodgers)』のスクリーンショット) 生まれたばかりの赤ちゃんに処置をする医師(画像は『FOX 10 Phoenix 2019年5月2日付「Video shot by family shows Chandler hospital staff dropping baby girl on her head」(Courtesy: Monique and Derrick Rodgers)』のスクリーンショット)

今年2月、分娩室で出産直後の赤ちゃんの様子を撮影していた父親が捉えた動画が拡散している。動画には病院スタッフの不注意で赤ちゃんがベッドに頭から叩きつけられて落ちる瞬間が映っており、病院は赤ちゃんが軽い脳出血を起こしたことを把握していたものの、その事実を両親に告げることはなかった。『FOX 10 Phoenix』などが伝えている。

【この記事の動画を見る】

2月14日、2児の父であるデリック・ロジャーズさんは米アリゾナ州マリコパ郡のチャンドラー地域医療センターで双子の娘の誕生の様子を動画に収めていた。最初に生まれたモーガンちゃんは、小さなベッドの上で3人のスタッフに囲まれ身体を拭かれていたが、男性スタッフが片手で持ち上げたところ、そのまま滑り落ちベッドに頭から叩きつけられた。

デリックさんはその日のことを『People.com』に次のように語っている。

「モーガンはもう少しで床に落ちるところでした。ショックでしたがその時は何もできず、モーガンが新生児特定集中治療室(NICU)に連れていかれた後で、妻にそのことを伝えました。」

「その後NICUに行って、スタッフに娘を落としたことを問いただしました。すると彼は関心がない様子で『落としそうになっただけ』と言いました。しかしビデオを見せた途端、口を閉ざしたのです。悪いことをしてしまったという罪の意識があったのかどうかはわかりません。でも『そうです。赤ちゃんを落としました』と言えば自分の非を認めるようなものですから、何も言わなかったのでしょうね。」

「その日から毎日、病院スタッフには娘が頭から落とされたことを伝えました。でも特に気に留めている様子もなく、病院からはそのことについて何の説明もありませんでした。後から生まれたマディソンは元気でしたが、モーガンは身体の震えが止まらず、鼻から吐き戻していたようです。マディソンは妻と一緒に先に退院できましたが、モーガンは12日間もNICUで過ごさねばなりませんでした。退院しても震えが止まらず体調が優れないようだったので、妻が他の病院の小児科に連れて行きました。すると小児科医に『チャンドラー地域医療センターでは脳の超音波検査をしていたようです。モーガンちゃんは脳出血を起こしていたようですね』と言われたのです。私たちはモーガンが検査をしていたことさえ知らなかったわけですから、もちろん検査結果など知る由もありません。もしその事実を知っていたら、ずっとモーガンのそばに付き添っていたでしょう。」

「結局、病院から検査をしたことを知らされたのは、6週間後のことでした。健康上の問題があるのに何も知らされずに退院し、自宅でモーガンに何かあったらどうしろと言うのでしょう。」

デリックさんから動画を見せられた妻のモニークさんは、「スタッフはまるでジャガイモが入った袋でも扱っているかのように娘の処置をしています。あのビデオはもう二度と見ないことに決めました」と憤慨している。そして今月1日になって、モニークさんは「同じことが起きないように」との願いを込めて、その時の動画をFacebookで公開した。

この動画はメディアにも取り上げられて拡散し、事の重大さに気付いた病院はここにきて初めて重い腰を上げた。デリックさんは「病院のお偉いさんから電話がありました。これまで謝罪もなくなしのつぶてだったのに、大事になって慌てて連絡をしてくるなんて…」とあまりにも誠意のない対応に納得がいかない様子だ。

モニークさんも「モーガンの脳の左側で起きた出血はグレード1の軽症だったようです。娘の出生体重は1474グラムしかなく、脳出血が低体重によるものなのか、それともスタッフによって落とされたことによるものかはわかりません。でも9か月もお腹にいた赤ちゃんが、病院スタッフの一瞬の不注意によって落とされてしまったわけです。病院側はだんまりを貫き通していましたから、娘の脳へのダメージは一時的なものなのか、それとも一生障害が残るのか、それさえもわからないのです。娘はいまだに身体の震えが止まりません」と怒りが収まらない。

なおチャンドラー地域医療センターは、メディアに対し「プライバシー法と家族の希望によりコメントは控えさせていただきます。患者の安全を最優先として対応しておりますが、この件を真摯に受け止めしっかりした調査を行ってまいります」と声明を出している。

モーガンちゃんは6月に病院で詳しい検査を行う予定になっており、デリックさんは「私たちが望むのは娘が元気で幸せであることです。病院スタッフは患者をもっとリスペクトすべきです。病院からきちんとした説明と謝罪の言葉が聞けることを願っています」と話している。

画像は『FOX 10 Phoenix 2019年5月2日付「Video shot by family shows Chandler hospital staff dropping baby girl on her head」(Courtesy: Monique and Derrick Rodgers)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント51

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ