メキシコの煙草事情【メキシコ】

2019/4/30 12:10 ワウネタ 海外生活

メキシコでも愛煙家は数多くおり、いたるところでタバコが販売されています。
18歳から吸うことができますが、メキシコでは施設内は基本的に禁煙、外であればOKというのがルールです。
このため、ショッピングモールや空港内に喫煙ルームといったものはありません。
レストランでは、外の席(テラス席)はタバコを吸うことができます。

 煙草の価格は1箱300円前後であり、日本と同じように価格は上昇傾向です。
メキシコ人は1箱で買うよりも1本単位で買うことが多く、露店や信号待ちをしているときにやってくる売り子は1本25円程度で販売しています。

 日本でもおなじみの銘柄が多いですが、日本でよく売られているタールが1mgの煙草はありません。
最低でも6mgになるので1mgの煙草を吸っている人は日本で購入してきましょう。
ちょっと変わったところでは葉巻が安いのがメキシコの特徴です。
日本では高級でなかなか吸うことはできませんが、愛煙家の人は一度試してみてはいかがでしょうか。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ