「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

VRメディテーションを体験してみない?スタジオもある「Lululemon Harajuku」で五月病対策を!

2019/4/29 15:00 Suits-woman.jp

カナダ・バンクーバー発の高機能アスレティックプレミアムブランドlululemonの日本初となる体験型ストアが、2019年4月6日原宿にオープンしました。同じ建物の2階には、提携スタジオ「IGNITE YOGA STUDIO」もあり、まさに体験型のストアです。

一日一汗と次世代ストリートファッションの提案

日本初のスタジオと店舗が融合した「Lululemon Harajuku」は、一日一汗(=1日1回体を動かすこと)と、次世代のストリートファッションを提案するよりファッションにフォーカスした店舗です。日本では1日に少し体を動かすという習慣がない人が多いと感じ、身体を軽く動かした後、そのままタウンを歩けるファッションも提案されています。

ファッションコンシャスなアイテムも並ぶ店内。

店舗オープンと同時に発表されたのが、サイクリングに特化した“City to Summit”コレクションです。アスリートと社員を起用した商品テストを行い、山や街でのサイクリングから、フィットネス、通勤まで幅広いシーンに対応する機能性のあるコレクション。パンツには、サドル型のパッドが入っていますが、いかにもサイクリング用ではなく、履いていてもパッドを感じさせないシルエットに仕上がっています。自転車から降りた時もスタイリッシュにいられるようデザインされているそう。

また、デイリーやリゾート、コーディネートによってはパーティーにも着ていけそうな都会的かつ実験的なデザインが特徴的な“lab”シリーズもこの店舗では取り扱いがあります。スウェットとシティの共存をイメージし、サスティナブル素材が使われています。

lululemonというと、真っ先にヨガウェアを思い浮かべますが、なぜサイクリング?との疑問から、オープンに合わせて初来日していたアジア地区ブランドディレクターのKeen Yimさんにお話を伺いました。

「ヨガブランドと思われがちですが、ヨガにインスパイアを受けたブランドというのが正解です」とのこと。3つのFと呼ばれるファンクション、ファッション、フィールを大切に、水泳、ランニング、トレーニングなど、スウェット(運動のこと)すべてを網羅できるウェアを生み出しているそう。

「バンクーバーでは、サイクリングへ行って、帰りにヨガをするなど、毎日軽く汗をかきます。ひとつのものに特化したデザインだと、ほかに使えない。パンツひとつとっても、お散歩もオフィスもOK、オフの日にカフェに出かけるのもOKなど、暮らしに溶け込み、着心地がいいことを大切にしています。」と、Keenさん。機能も大切だけれど、着る人の気持ちを一番大切にしているそう。なので、企業秘密で教えていただけませんでしたが、素材もこだわりの配合で生地を作り、アスリートに試してもらいながら製品開発を行っているそうです。lululemonのウェアは、着心地が良く、どこかセクシーで女性がきれいに見える気がするのも、実は、アスリートやゲストのフィードバックのおかげだそう。すごく小さなこだわりが快適とスタイルの良さを生むそうで、「ルルレモン マジック」と、呼ばれています。

ブランドディレクターのkeenさん。

フィット感は、それぞれ感じ方が違うので、ネイキッド(まるでなにもはいていないような感覚)、ハグ(サポート感のある素材でぎゅっとハグされるような感覚)、リラックス(軽量、流れるようにしなやか、どんな場面でもリラックスした感覚)と、違ったタイプから好みのものを選べる製品ラインアップになっているそう。

とはいえ、カナダやアメリカのようにフィットしたパンツやタイツにトップスだけで街を歩く勇気がない……筆者を含めた日本人へのアドバイスを求めたところ、

「昔ジーンズやスニーカーでは、レストランはNGでしたが、トレンドに昇華されればOKになる。2020年に向けて、日本はスポーツ文化に慣れてきて、はけるようになりますよ」もしかしたら、そんな日が近いかもしれませんね。

また、ブラトップ、上から着るべき?下から着るべき?と悩んでいたので、質問をぶつけてみると、「着たことがないからわからないけど(笑)、自分のやりたい運動に合わせて選べば、どちらでもいいですよ。どんな風に着なきゃいけないとか、どんな風にお手入れしなければいけないとか全く気にせず着てもらえる。そんなウェアを作っていますから」ガンガン洗ってもへこたれない理由はここにありました。

新店舗にはVRメディテーションの体験コーナーもあり、考えすぎず、自分とつながるためにトライしてほしいとのこと。

「ストレスはあるものだと受けとめる。今はストレスかもしれないと承認することで向き合えます。エクササイズとして、目を閉じてゆっくり呼吸し、自分とつながる時間を作りましょう。脳もがんばっているからケアも大切。忙しさで自分を忘れがちだけど、5分でリセットできます。自分のいつもの状態を知り、それより落ちたらスタンダードに戻す。そんなリセットタイムを作ってください」と、Keenさんからのアドバイス。

5分間なら続けられそうですね。またVRメディテーションでは、自分自身のリラックス度により違った画像が体験できるそうです。筆者は3分の体験でしたが、音と目の前の景色に入り込め、リラックスできたようで、カラフルな世界が広がりました。人によって見える画像が違うそうなので詳細は伏せますが、終了後にリラックス度が表示され、自分自身を客観視できる機会になります。無料ですし、ぜひ体験していただきたいです。

新しい店舗の前で。

 

「IGNITE YOGA STUDIO」が2階にオープン

2019年4月14日には、ヨガを中心にマインドフルネス、フィットネスなどウェルネス領域での事業を展開する「IGNITE YOGA STUDIO」が2階にオープン。外光が大きなガラス張りの窓から入り、モダンなスタジオは、N.Y.にでもいるかのような気分にさせてくれます。IGNITE YOGAは、ヨガをより効率よく現代的にしながら、ヨガから学ぶマインドフルで充実したライフスタイルも大切にしているそう。ヨガ初心者もフィットネス感覚で楽しめるそうなので、新年度初めてみようと思っている人にもおすすめです。

ウッドのフロアにシンプルな内装のスタジオ。

ヨガの基本のポーズを組み合わせたレッスンや、ヨガに筋トレを組み合わせたレッスン、また日曜には、様々な講師を招いての特別ワークショップも行なわれます。毎週決まった時間にレッスンに通うのが難しい人には、コミットメントなしで参加可能なチケットもあり、急に参加したくなったら、マットのレンタルもあり(有料)、ウェアは1階で買うこともできるので、忙しい人でも安心ですね。「IGNITE」とは、「火を灯す」という意味。今年こそは何かを始めようと思っていた気持ちに今火を灯しませんか。

Lululemon Harajuku  
住所:東京都渋谷区神宮前5-16-13 S1 bldg
電話番号:03-6427-4545
営業時間:11:00~20:00
http://www.lululemon.co.jp/
提携スタジオ:IGNITE YOGA STUDIO 
営業時間:7:30~20:00
https://www.igniteyoga.jp/

取材・文/林ゆり

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ