一番はまった!平成最強の朝ドラランキング

2019/4/28 11:30 gooランキング

一番はまった!平成最強の朝ドラランキング 一番はまった!平成最強の朝ドラランキング

毎回注目を集めるNHK連続テレビ小説、通称“朝ドラ”。平成の約31年間でさまざまな作品が放送され、大きな話題になりました。では、お茶の間が一番面白かったと感じているのはどの作品なのでしょうか。
そこで今回は、一番はまった平成最強の朝ドラについて探ってみました。

1位 あまちゃん
2位 あさが来た
3位 ちゅらさん

1位は『あまちゃん』!

2013年に放送された『あまちゃん』。東北地方・岩手県三陸海岸沿いの町を舞台に、挫折を経験しながらも夢を追い続ける主人公や、その周囲の人たちの奮闘をコミカルに、ときにハートフルに描いた作品。
宮藤官九郎が脚本を務めたこともあり、ユーモラスなせりふや演出が盛りだくさん! のん(旧芸名:能年玲奈)、小泉今日子をはじめとした個性的なキャストが多数出演し、毎回ストーリーを盛り上げ、名せりふ「じぇじぇじぇ」は一躍社会現象にもなりました。そんな面白く、ハートウォーミングなシーン満載の『あまちゃん』に、はまった人が多く1位となりました。

2位は『あさが来た』!

2015年に放送された『あさが来た』。実業家であり、教育者の広岡浅子の生涯を描いたこの作品。波瑠がヒロインを務め、ヒロインの夫を玉木宏が演じました。
そしてこの作品で脚光を浴びたのが、主人公を支えた五代友厚を演じたディーン・フジオカ。爽やかで堅実、紳士でかっこいい五代様が病に倒れたときは多くの視聴者がショックを受け、“五代ロス”という言葉がブームになったほど。そんな多くの人をとりこにした『あさが来た』が2位となりました。

3位は『ちゅらさん』!

2001年に放送された『ちゅらさん』。沖縄県の小浜島で生まれ育った国仲涼子演じるヒロインが家族から離れ、看護師として成長する姿を描いたこの作品。
小浜島の家族には堺正章、平良とみ、ゴリ(ガレッジセール)など豪華なキャストがズラリ。家族愛に胸打たれ、優しい沖縄の方言に癒された人が多数。3位となりました。

このように、今も語り継がれる人気作品が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの朝ドラが平成最強だと思いますか?

写真:タレントデータバンク
(波瑠|1991/6/17生まれ|女性|O型|東京都出身)

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,312票
調査期間:2019年2月26日~2019年3月12日

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント54

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ