濱正悟 1st写真集「僕の“わがまま”をたっぷり詰め込みました」

2019/4/27 18:06 ドワンゴジェイピー news

濱正悟 1st写真集「僕の“わがまま”をたっぷり詰め込みました」 濱正悟 1st写真集「僕の“わがまま”をたっぷり詰め込みました」

戦隊ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系列)でルパンブルー(宵町透真)役を熱演し、話題を読んだ俳優・濱正悟が、4月27日(土)に1st写真集発売記念イベントを東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで開催した。

「(写真集は)いつかはやりたい目標で、快盗戦隊ルパンレンジャーに出演し、終了を迎えたこのタイミングで出せたら、と思っていました」と、今回の写真集を作るきっかけを笑顔で語った濱。今回の写真集は「初めての写真集では自分のやりたいことを詰め込みたい!」と、強い思いを込めて作ったセルフプロデュース作品。


「快盗戦隊ルパンレンジャーでブルー役を演じていたので、ここからはいい意味で色にとらわれず真っ白な気持ちでやっていきたい、という気持ちで表紙は真っ白で撮りました」と話し、さらに注目の着物カットについて「古着屋で黒い襦袢を買ってきて、半分は自分の家にある柄シャツを全部縫い付けて、半分はペンキで塗りたくった自作です。制作時間は1週間で、撮影前日まで追い込まれながら作りました。隣のおばあちゃんも一緒に作ってくれたりして。共同作業ですね(笑)あと私服が9割黒なので、家にある黒い服を全て持ってきて撮影したり、セルフプロデュースという名の僕の“わがまま”ですね。」と、にっこり。

さらに「5つのシュチュエーションで一つのストーリーに見えるけれど、一人一人違う自分を演じました。(撮影が行われた)3月までの出来うる自分を詰め込みました」と、写真にかけた思いを語った。

また「日本が大好きなので日本で撮りたくて、撮影場所にもこだわりました。渋谷のスクランブル交差点で人にまみれた中で着物を着て撮りたかったし、スーツを着たカットはバーで大人のシュチュエーションで撮影したかったんです」と、ここでも自身のこだわりをアピール。

中でも一番のお気に入りのページは、違う髪型をしている12人の濱が並ぶページ。「このページは絶対にやりたかったです。これから一番お芝居をやっていきたくて、“いろんな人間になる”という意味で色んな髪型に挑戦してみました。今までこんなことやった人はいないかな?と思い、自分のお気に入りだし、見せた人にも評判がいいです。中でも弱い人間をイメージしたこれ(マッシュルームヘア)が好き。(12人)全員違う顔にしたかったんです」と、笑顔を見せた。

また今回の写真集をルルパド共演者に見せたところ「僕のお気に入りのカット(12人の濱)は面白がってくれたし、笑ってくれるページもあって。お尻を出してるカットは、『いいね!かっこいいね!』って言ってくれたのでホッとしました(笑)」と、ハニカミながらも嬉しそうに語った濱。

さらにルルパドについて「終わってからホッとした気持ちと仲間に会えない寂しさがあります。感謝を伝えるライブツアーなどではみなさんから愛をもらいましたし、僕たちもすごい熱量でやらせてもらって、伝説的な作品になったかなって思います。役者や表現者として生きていく以上に、人間として生きていく上ですごく大切な作品になりました」と、作品への熱い思いを語った。

「今回の写真集は90点ですね。今回すごくわがままを言って作ったので、次の写真集はどこかに旅に出て数日間を1冊にしたいですね。ゆる〜い感じで撮りたいです。(2nd写真集が)出せるように頑張ります!」と、最後は爽やかな笑顔を見せた。

俳優として新たなステップを歩み始める濱正悟の今後の活躍に期待したい。


このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント1

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ