尾崎豊逝去から27年、名曲『卒業』にピエール中野「単なる学校の卒業ソングではない」

2019/4/26 17:10 Techinsight

尾崎豊さん急逝から27年に(画像は『Warner Music Japan 2013年3月6日公開 YouTube「尾崎豊『卒業』 - 「LIVE CORE 完全版~YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988・9・12」」』のサムネイル) 尾崎豊さん急逝から27年に(画像は『Warner Music Japan 2013年3月6日公開 YouTube「尾崎豊『卒業』 - 「LIVE CORE 完全版~YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988・9・12」」』のサムネイル)

ロック歌手の尾崎豊さんが1992年(平成4年)4月25日に26歳の若さで急逝して27年となる。その命日にロックバンド「凛として時雨」のドラマー・ピエール中野(38)が、Twitterで尾崎さんの思い出とともに名曲『卒業』についてつぶやいた。

【この記事の動画を見る】

尾崎豊さんは高校3年生頃に音楽の道に進む決意を固め、CBSソニーのオーディションを受けて合格する。

1983年12月1日、18歳の時にリリースしたデビューアルバム『十七歳の地図』は当初こそ売り上げが伸び悩んだものの、後に大ヒットする『I LOVE YOU』や『OH MY LITTLE GIRL』が収録されており『15の夜』で歌う「盗んだバイクで…」のフレーズはあまりにも有名だ。

彼はデビューして8か月後に出演した野外ライブで高所から飛び降りて、足を骨折しながら歌い続けた。それが伝説のステージとして口コミで広がり若者を中心に人気が高まる。そんななか1985年1月21日に発売した4枚目シングルが『卒業』である。

尾崎豊ファンをはじめ『卒業』をじっくり聴いたことがある人は、彼が訴えようとした真意に心を打たれたことだろう。

ただ、ピエール中野が「最後まで聴けばわかるけど、単なる学校の卒業ソングではないのですよ。後半で視点が一気に変わってくる」とツイートしているように、“卒業ソング”的に受け流してしまうと本当の意味が伝わらないかもしれない。

「卒業の歌詞については、自分も子どもの頃は気づけなかったけど。尾崎豊を好きになってわりとすぐに他界してしまって。今でもよく聴くし、やっぱり大好きなんだよな」と述懐するピエール中野。

中高生時代に聴いて「校舎の窓ガラスを壊す」など胸がざわつく熱いメッセージ性がありながら、成長するに従い「本当は何に支配されているのか?」と考えていくとその深さがだんだん響いてくる。そんな『卒業』もまた尾崎豊の代表曲であることは言うまでもない。

画像は『Warner Music Japan 2013年3月6日公開 YouTube「尾崎豊『卒業』 - 「LIVE CORE 完全版~YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988・9・12」」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント16

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ