“ゆうこす”菅本裕子が東大で講義、関喜史氏「すげーいい授業」

2019/4/26 17:58 Techinsight

東大で講義を行った菅本裕子(画像は『ゆうこす 菅本裕子 2019年4月24日付Twitter「東大で講義してきました!」』のスクリーンショット) 東大で講義を行った菅本裕子(画像は『ゆうこす 菅本裕子 2019年4月24日付Twitter「東大で講義してきました!」』のスクリーンショット)

タレントで実業家の“ゆうこす”こと菅本裕子(24)が東京大学でインフルエンサーについて講義を行った。企画した東京大学・大学院出身で株式会社Gunosyの共同創業者・関喜史氏がTwitterにて4月24日、「すげーいい授業だった(自画自賛)」とツイートしたのをはじめ受講した学生たちから「感銘を受けた」という感想がつぶやかれている。

【この記事の他の写真を見る】

菅本裕子は2011年7月10日、『HKT48第1期生オーディション』に合格してアイドルデビューするが翌年8月18日に活動を辞退してタレントに転身する。その後は料理タレントを目指すなど模索しながら「ミスiD 2016」で準グランプリに選ばれたことをきっかけにSNSによる情報発信に力を入れはじめる。すると女性から共感を呼び、インフルエンサーとして人気が高まった。その後もインスタやYouTubeなどを駆使する「モテクリエイター」として活躍を見せるなか、やがて個人事務所KOSを設立して実業家でも手腕を発揮する。

菅本裕子公式Twitterによると、今回は「インフルエンサーや企業としての活動、応援される人とは…」といった趣旨で講義したという。

彼女は「超盛り上がった!」と手応えを感じていたが、予定していたライブ配信が急きょNGとなったのは「待っててくれた皆さんごめんなさい…」と残念そうだ。

関喜史氏は大学側からライブ配信を認められなかったため「教育的価値をしっかり説明して来年度やるときにはおっけーもらえないかな、実際実学としてめちゃめちゃ価値があるんだけどな…」と惜しみつつ、講義内容を絶賛している。

また、受講した東大院生は「各種SNSを利用して #インフルエンサー になりたいと思っている僕にとって、まさにど真ん中な内容の講義でした。僕の人生を変えるような講義だったと言えると思います。ありがとうございます!」とツイートしており、「非常に感銘を受けました」「今日までは存じてなかったのですが、これからは #インフルエンサー の目標として参考にさせてください!」というから“ゆうこす”ファンでなくとも引き込まれる授業だったようだ。

他にも彼女のツイートには、「東大で講義なんてすごすぎる いつかゆうこすちゃんの講義受けてみたいな~w こういう機会が増えて欲しいなって密かに思ってます」、「自分が通ってる大学でもやって欲しいっすーー」という声が寄せられている。

これまで「アイメイク講座」など「モテクリエイター」らしい企画の多かった“ゆうこす”だが、これを機会にインフルエンサーや実業家としての講義依頼が増えるかもしれない。

画像は『ゆうこす 菅本裕子 2019年4月24日付Twitter「東大で講義してきました!」、2019年4月15日付Instagram「アイメイク講座楽しかった、、!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント20

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ