「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

松坂桃李・本田翼ら出演の衝撃作「新聞記者」予告&場面写真解禁

2019/4/25 05:00 ドワンゴジェイピー news

松坂桃李・本田翼ら出演の衝撃作「新聞記者」予告&場面写真解禁 松坂桃李・本田翼ら出演の衝撃作「新聞記者」予告&場面写真解禁

6月28日から全国公開される、一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作「新聞記者」。この度、ポスタービジュアルと予告編が完成、場面写真も合わせて解禁となり、4月26日より前売り券の販売が開始されることが決定した。

完成したポスターは、シム・ウンギョンと松坂桃李が、国会議事堂を背に並び立ちそれぞれ違う方を向く姿に「内閣官房 VS 女性記者」というコピーが被さったもの。二人は敵か味方か。それぞれ「個」の力で、国という巨大な力に立ち向かおうとするドラマであることが伺える。

予告編では「内調からのリーク?」「また官邸からの圧力?」という会話がとびかう新聞社内の様子と、それに続き、若き官僚が「これも国を守る大事な仕事だ」と上司に不本意な命令をされている内閣情報調査室の様子から始まる。さらにレイプ被害を訴える女性の会見や、官僚の自殺など、つい最近起こったばかりの、真実が追求されぬまま有耶無耶にされようとしている事件を彷彿とさせる場面が挿入され、本作そのものが何かに立ち向かおうとしているその姿勢をも伺うことができる。

そして印象的なのは、若き新聞記者を演じるシム・ウンギョンと若き官僚を演じる松坂桃李二人の表情。実力派俳優の二人が、慟哭し、怒りに震え、何かに怯え、苦悩する表情からは、全編に漲る緊張感や、本作のサスペンス性を感じさせられる。

さらに、本田翼、岡山天音、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司ら脇を固める俳優たちの表情も垣間見え、重厚さも感じ取れる。「たった今」の世の中で、若き新聞記者と若き官僚が権力に立ち向かおうとする姿に、予告編だけでも真実とは何か、本当の正義とは何かを突きつけてくるかのようだ。

予告篇でも使用されている、本作の主題歌は、BRAHMANのTOSHI-LOW がフロントマンをつとめるもう一つのバンドOAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)が歌う『Where have you gone』。繊細で荘重なアコースティックサウンドが本作をより一層盛り上げている。

同調圧力に満ち、フェイクニュースが社会を揺さぶり、報道の価値が厳しく問われるメディアの激動期。新元号「令和」が間もなく施行されるまさに「たった今。」、さまざまな社会問題にダイレクトにリンクする、今までの日本映画になかった全く新しい社会派エンタテインメントが誕生した。

なお、4月26日より前売券(ムビチケカード)の販売も開始される。特典はシム・ウンギョン演じる新聞記者と松坂桃李演じる若き官僚の2ショットと、それぞれの1ショットが写った特製ポストカード(3枚組)。数量限定の為、お求めはお早めに。


<STORY>
東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名 FAX で届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

■「新聞記者」
2019年6月28日(金) 新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー
配給:スターサンズ イオンエンターテイメント
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ


このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント3

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ