ANZEN漫才・みやぞん、足立区あるある暴露 自虐ネタ炸裂も視聴者からは好評

2019/4/24 08:01 しらべぇ

23日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、関東1都4県(東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県、千葉県)出身の芸能人が大激突した。中でも、ANZEN漫才・みやぞんによる「足立区の自虐」が注目を集めている。

 

■4人に1人はラッパー?

足立区は「お金がない」という噂が出回り、立派な足立区役所が建った際、「3階から上は発泡スチロールでできてる」などと言われたことがあるという。

また、みやぞんは「足立区出身」と言うと「ヤンキーですか?」と聞かれることが悩みだと明かした。みやぞんいわく、足立区の住民は「4人に1人はラッパー」だという。

 

■足立区の中学校は…

そんな足立区の中学校は一中から十六中まであるそうで、30歳や40歳になろうが「何中ですか?」と挨拶を交わすことがある。

みやぞんはスポーツが強いことを理由に、行きたい中学校として十四中の名前を挙げた。当時、理容室には十四中カットがあり、頼むと角刈りの十四中カットが出来上がるのだという。

「他の角刈りと違うのか」という声に対して、みやぞんは「十四中カットは全然滑らかだし」と違いを語った。

■自虐ネタに「面白い」の声相次ぐ

視聴者の間では、みやぞんの足立区の自虐が「面白い」と好評だ。

 

■自虐ネタができる割合は…

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,365名を対象に調査したところ、「コンプレックスを逆手にとって自虐ネタにしている」と答えた人は、全体のわずか13.9%。じつは男性よりも女性に多いことも判明している。

コンプレックス

テレビなどで良くないイメージばかり取り上げられる地元・足立区を見事に笑いに変えたみやぞん。さすが、プロならでは自虐テクニックを見せてくれた。

 

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント43

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ