元TBSアナウンサー宇垣美里 肩書の変化に「私って何なんでしょうね」

2019/4/23 20:31 しらべぇ

元TBSアナウンサーの宇垣美里が、自身初となるフォトエッセイ『風をたべる』(集英社)を発売。東京・渋谷で行われた発売記念イベントに、しらべぇ編集部も訪れた。

 

■タイトルは旅が好きなことから

宇垣美里

今春からオスカープロモーション所属となり、本格的な芸能活動のスタートを切った宇垣。

初めてのフォトエッセイ『風をたべる』について「私は旅が好きなので、色んな場所に行ってその場所の空気を味わう感覚を作品に込めたくて、このタイトルをつけさせていただきました」と想いを語った。

 

■旅行に行ってリフレッシュ

宇垣美里

TBS退社後、一番の変化は「保険証を変えにいったことですかね」と笑いつつ「4月は旅に出ていました。友人と屋久島に行って、一人でミラノに行って、今に至るって感じですね」と、じっくり英気を養っていた様子。

■自分が何なのかまだ分からない

宇垣美里

フリーアナウンサーで、タレントでもある自身の肩書については「私自身、今自分が何なのかよく分かってないんですけど、まだそれを決める段階にないのかなって。まだやっていないことがあまりに多いので、そういうのを探していけたらいいなと思ってます。私って、何なんでしょうね(笑)」と考えることもあるそう。

 

■免許を取ってドライブに行きたい

宇垣美里

今後トライしてみたいことは「会社員時代は出来なかったことをやりたいですね。今までは、どうしても遠い場所に行って撮影するってこともなかなかできなかったですし、他局にも行ってみたい。今まで行けなかったところや出来なかったことに挑戦していきたいです」。

「あと、まだ持ってないので、免許を取りたいです。免許を取って車を運転できるようになったら色んなところに行けるようになるのかなって。色んなところを当てどなくいけるところまで、みたいなことをしてみたいんですよね」と直近の目標を語った。

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント42

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ