『アベンジャーズ/エンドゲーム』での活躍に期待値MAX!前作で参戦できなかった大注目の“2人と1体”

2019/4/23 18:30 ウレぴあ総研

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』より 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 MovieNEX発売中/デジタル配信中 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2017 MARVEL 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』より 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 MovieNEX発売中/デジタル配信中 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2017 MARVEL

ついにシリーズの完結を迎える、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日(金)日米同時公開)。

サノスの粛清により、全宇宙の半分の人口が消し去られた今、最強チーム“アベンジャーズ”も、絶望的な状況に…

そこで今回は前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で活躍できなかった、アントマン、ハルク、ホークアイの3人に注目。

今までの活躍は?どんなキャラだっけ?

インフィニティ・ウォーに参戦しなかったのは何故…?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』鑑賞前に、今一度おさらいしつつ、彼らの活躍に期待を高めていきましょう!

※本記事は各シリーズ作品のネタバレを含みます。

アントマン/スコット・ラング

娘のために戦う、1.5cmの最小最強ヒーロー!

まずは、サノスを倒す鍵となる、最も重要なキャラクターだと筆者が考えている、アントマン。

前科持ちで妻にも逃げられた、頼りない男でしたが、愛する娘キャシーのため一念発起し、ヒーロー“アントマン”として活躍。

アベンジャーズ施設に侵入した際戦った、ファルコンに実力を認められ、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』では、共に戦う事に。

しかし、お尋ね者となっていたキャプテン・アメリカ側についた事で、投獄されてしまいます。

インフィニティ・ウォーの時は…?

司法取引の結果、刑務所からは出ていたアントマン。

しかし取引の内容は「2年間、アベンジャーズメンバーやピム親子と一切連絡を取らず、自宅から1歩も出てはならない」と言うものでした。

愛する娘のために軟禁状態の期間を耐え抜き、『アントマン&ワスプ』では、晴れて自由の身となります。

外部と連絡も取れず、サノスによって全宇宙に降りかかっていた危機を知らなかったアントマン。

さらに自宅の敷地から、1歩も出られない状況にあったと言う事で、インフィニティ・ウォーには参戦していなかったんですね。

アントマンは、サノスを倒す希望の光?

『アントマン&ワスプ』のラストシーンで、1人量子世界に取り残されたアントマン。

絶望的な状況かと思いきや、『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編では、量子世界に突入する装置と共に、アベンジャーズ施設の入り口に現れました。

「時間と空間の概念を超越する」と言われた量子世界から戻ってきた彼は、サノスを止める決定打となる“何らかの出来事”を、見て来た可能性が、非常に高いのです。

量子世界によるタイムトリップが“鍵”となるだろう、と言われている『アベンジャーズ/エンドゲーム』。

本作において、アントマンは最も注目すべきキャラクターの 1人だと考えて良いでしょう!

ハルク/ブルース・バナー

パワー爆発!「いつも怒っている」不死身の超人

天才科学者ブルース・バナーのもう1つの姿。

実験中の事故で、怒りに呼応して超人ハルクに変身する能力を得た彼は、並外れた怪力や跳躍力を駆使し、これまでも数多の敵を一掃して来ました。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で、自らアベンジャーズの元を離れ、惑星サカールに不時着。

ソーと再会し、共に地球へ帰還する途中、スペース・ストーンを狙ったサノスの襲撃を受けます。

え?『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に出てたよね…?

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』冒頭で、サノスと1対1の肉弾戦を繰り広げたハルク。

防具やパワー・ストーンを所持していたとは言え、サノス1人にボッコボコにやられ、到底力が及ばない事を痛感します。

サカールで2年間もハルクから戻れなかった事や、この時の恐怖からか、その後バナーの中に隠れてしまいました。

前作のワカンダ戦で戦っていたのは、ハルクバスター マーク2に乗っていたバナーであり、ハルクは以降登場していないのです。

バナーが「緊急事態なんだ!これがラストチャンスだぞ!」と、いくら呼び掛けても、「ノー!」の1点張りだったハルク。

彼らの間で描かれるストーリーも、気になりますよね。

で、『アベンジャーズ/エンドゲーム』には出てくるの?

バナーを演じるマーク・ラファロが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、 『アベンジャーズ/エンドゲーム』の 3作で、バナーとハルクの物語も進展すると、かつて発言しています。

本国で出回っているプロモアートにも、青と紫のスーツに身を包んだ、ハルクの姿が…!

バナーとハルクの間で揺れる葛藤を乗り越え、きっと再登場して、打倒サノスの要となってくれるはずです。

期待して待ちましょう!

ホークアイ/クリント・バートン

凄腕エージェントにして、弓矢の名手

そして最も注目したいのが、本作で久々に『アベンジャーズ』シリーズに帰ってくる、ホークアイ!

再登場を待ち望んでいたファンとしては、胸がいっぱいです。

国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の元エージェントであるホークアイは、地上最強の弓矢の使い手。

鋭い洞察力に身体能力、さらに状況判断能力にも長けており、エージェントとしてはもちろん、アベンジャーズメンバーとしても、数々の戦闘で活躍して来ました。

アントマンと同じく、自宅軟禁状態に!

しかし、アントマンと同じく『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で、キャプテン・アメリカ側に付き、司法取引の結果、自宅軟禁状態に。

おそらくこちらもアントマンと同じく、外部との通信も禁止されていたため、インフィニティ・ウォーには参戦できませんでした。

もう弓矢は使わない…?大注目のローニン ホークアイ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編では、トレードマークだった弓矢ではなく、刀のような武器を手にした姿が。

フードを目深にかぶり、身分を隠している様にも見える彼がいるのは、日本と思しき舞台。

元エージェント仲間で、家族ぐるみの付き合いでもあるブラック・ウィドウが、迎えに来たような描写も見られます。

変わり果て憔悴しきったその表情から、サノスの粛清によって、愛する妻と3人の子供を奪われた可能性も、低くはないはず。

愛する家族を取り戻すため、アベンジャーズに合流したホークアイは、一体どんな活躍を見せてくれるのか。

そしてなにより、久々に揃ったアベンジャーズ創設時のオリジナルメンバー6人が、どんなチームワークでアッセンブル(集合!)してくれるのか!

筆者も大注目のホークアイの活躍から、目が離せなくなること間違いなしです!

絶対に見逃せない、壮大なユニバースの完結編

いよいよ公開日も目前に迫った『アベンジャーズ/エンドゲーム』。

10年かけて丁寧に緻密に構築されてきた、壮大なユニバースの、本当の完結作です。

消されてしまった全宇宙の半分の人口と、仲間を取り戻すことが出来るのか。

そして、最恐最悪の敵、サノスを倒すことはできるのか?

史上最大の逆襲<アベンジ>は、絶対に見逃せません!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

2019年4月26日(金)日米同時公開

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/Mrs. GREEN APPLE)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ