iPhoneバックアップはiTunesを使わない方が便利

2019/4/20 19:05 ラジオライフ.com

iPhoneのバックアップは、iTunesやiCloudなど純正Appleツールを使うのが基本です。しかし、どちらも必要なデータをピンポイントでバックアップしたり、取り出すことができません。そこで自己責任とはなるものの利用したいのが、サードパーティ製のiPhone管理ツール。iPhoneバックアップはiTunesを使わない方が便利です。

iPhoneバックアップの動作も軽快

「EaseUS MobiMover Free」は、PCのバックアップソフトとして有名な「EaseUSシリーズ」のiOS版です。バックアップできるiPhoneデータの種類が豊富で、動作も軽快。iPhoneからのファイル抽出は、このソフト1つで十分でしょう。

主な対応項目は、写真/動画/ミュージック/書籍/メッセージ/ノート/カレンダー/Safariの履歴。無料で利用できるにも関わらず、iPhone端末の完全バックアップに対応しているのも特長です。新端末にデータを丸ごと移行できるため、iTunesの代わりとしても利用できます。

なお、カレンダー・連絡先・ノートの情報をバックアップするには、事前にiCloud機能を無効にしておく必要があります。また、コピー以外、直接バックアップデータを編集・移動するのは危険です。

iPhoneバックアップは2通りある

iPhoneのバックアップには、選択項目(アイテム)のデータをまとめてPCにバックアップできる「コンピュータに転送」と、欲しいファイルだけを選択できる「カスタム」の2通りがあります。カスタムなら音楽やビデオファイルを自由に取り出すことが可能です。

「コンピュータに転送」でiPhoneのファイルをまとめて取り出す手順は、まずバックアップしたいアイテムを選びます。「転送」をクリックするとデータの転送が開始。処理が終わると、「ドキュメント」フォルダ内にファイルが保存されます。

「カスタム」機能で欲しいファイルだけ取り出す手順は、まずバックアップしたいファイルの種類を選択。バックアップしたいファイルにチェックを入れます。あとは保存ボタンをクリックして、保存先のフォルダを指定するだけです。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ