ミラクルセクシー常盤貴子 4億円豪邸で「妊活」再始動!

2019/4/19 12:00 週刊実話

提供:週刊実話 提供:週刊実話

 とびっきりの美人というわけでもない、あのセクシーさはどこから生まれてくるのだろう。常盤貴子(46)の色気がハンパない!

 平成最後の日となる4月30日、常盤が47歳の誕生日を迎えるのを節目に、離婚寸前とされた夫の長塚圭史(43)と新居4億円豪邸で「復縁妊活SEX」をスタートするという。

 「常盤は3月まで日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系)で久々の連ドラ主演。最終回の平均視聴率が11・5%と理想的な終わり方で、内容も面白いと評判でした。そうした中、3月20日発売の『週刊新潮』に、都内の高級住宅街に夫婦で“4億円豪邸”を建築中で、4月にも完成と報じられたのです」(スポーツ紙記者)

 実は常盤、'09年に結婚した劇作家兼俳優の長塚との間にまだ子供がいない。長塚が'12年、夫・片山怜雄がいた真木よう子(36)との“W不倫デート疑惑”を報じられたことに激怒したことが原因とみられている。

 「真木が'15年、片山と離婚したため、長塚を略奪婚するのではという見方が強まった時期もあった。しかし結局、'17年12月公開の映画『花筐/HANAGATAMI』で共演し、かつ10月の同作品イベントにともに登壇したことで“復縁”が明らかになったのです。真木は、その年の7月期主演連ドラ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が大コケしたことで精神的に不安定になり、長塚はそのあたりで別れたとも言われています。いずれにせよ、常盤は結婚から10年、ようやく子作りができる環境を手に入れたわけです」(同)

 そして「4億円豪邸」に夫婦で入居する今こそ、まさに妊活スタートのタイミングと言えるのだ。

 「常盤は『グッドワイフ』を走り終えたことに安堵しており、友人らに“子作りを始めたい”と本気で話している。妊娠すれば長塚との仮面夫婦説も一掃できますしね。ちょうど4月末に豪邸が完成して入居できる予定ですから、まさに新元号『令和』になる前日で、自身の47歳誕生日。そして、平成最後の日でもある4月30日に“中出し妊活”を始めるとみて間違いないでしょう」(芸能記者)

 常盤はアラフィフにさしかかった今でも、20代並みの美ボディーを維持している。'93年、連ドラ『悪魔のKISS』(フジテレビ系)で女子大生風俗嬢を熱演。きれいなお椀型おっぱいを披露し、視聴者の度肝を抜く衝撃ヌードを披露した過去があるが、今も全く変わらない裸身という。

 「一時、真木のGカップ爆乳に溺れかけた長塚を夫婦仲修復まで持っていったのですから、常盤の肉体もかなりのフェロモンなわけです。常盤といえば結婚前、松本人志や福山雅治、窪塚洋介ら大物と浮名を流し、骨抜きにしてきたモテ女。アソコの締まりが抜群で“超名器”と有名なのです。長塚も結局、常盤の体を忘れられず、4億円御殿まで建設する流れになったのでしょう。あとは、夫婦初かもしれないナマ中出しSEXで、一気に“バースデー妊娠”を実現させることになるのでは」(同)

 しかし、あのヤバすぎる色気はどこから出てくる?

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント8

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ