宝石商キアヌが露マフィアと女性に翻弄、映画『ブルー・ダイヤモンド』

2019/4/18 13:28 CINRA.NET

『ブルー・ダイヤモンド』 ©2018 MARS TOWN FILM LIMITED 『ブルー・ダイヤモンド』 ©2018 MARS TOWN FILM LIMITED

映画『ブルー・ダイヤモンド』が今夏に東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

キアヌ・リーヴスが主人公のアメリカ人宝石商ルーカス・ヒル役を演じる同作は、ロシア・シベリアを舞台に、希少なブルーダイヤモンドを求めてマフィアと駆け引きする様子や、刹那の恋を描いた作品。リーヴスは劇中でロシア語を披露しているという。原題は『SIBERIA』。

メガホンを取ったのはマシュー・ロス。脚本はスコット・B・スミス、音楽はダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズが手掛けた。共演者はアナ・ウラル、パシャ・D・リチニコフ、ユージン・リピンスキ。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ