『ヒルナンデス』放送トラブルに視聴者爆笑 「東京03」は何と読む?

2019/4/17 16:01 しらべぇ

(画像はつるの剛士公式Instagramのスクリーンショット) (画像はつるの剛士公式Instagramのスクリーンショット)

(画像はつるの剛士公式Instagramのスクリーンショット)

17日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にて、「東京03」飯塚悟志がゲストとして出演したところ、トリオ名を間違って紹介されてしまうアクシデントが発生。

まさかの言い間違えと飯塚の鋭いツッコミに、視聴者から多くの反響が寄せられている。

 

■「東京ゼロスリー」と紹介

番組冒頭、つるの剛士は「本日のゲストは、東京ゼロスリー・飯塚悟志さん」と、「東京03(ぜろさん)」を「東京ゼロスリー」と紹介してしまう。

これに、飯塚本人は「ぜろさん! マジ間違えじゃないですか! ウソでしょ!? 幸先わりーな」とツッコミ。つるのは「ぜろさん! ごめんなさい、僕の咀嚼がうまくいってなかった…」と謝罪した。

 

■「何カッコよくしてくれてるの?」

出演者の紹介が終わると、飯塚は「ゼロスリーって、何ちょっとカッコよくしてくれてるの?」とつるのの言い間違えが信じられない様子。

南原清隆も「(東京ゼロスリーだと)サトシ・イイヅカだね」とツッコミを入れ、飯塚は「いやいやいや、『東京03(ぜろさん)飯塚悟志!』お願いしますよ~」と笑いを誘っていた。

■視聴者も爆笑

つるのと飯塚のやりとりに、多くの視聴者も爆笑。

「03」は確かに「ゼロスリー」とも読めるが…まさかの言い間違えに、おもわず吹き出してしまった視聴者も多かったようだ。

 

■名前を間違えられたら…

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,365名を対象に「名前の呼び間違え」について意識調査を実施したところ、「名前を間違えられても指摘しない」と答えた人は、全体で約3割という結果に。

大半の人は、飯塚のように名前の間違いを指摘しているようだ。

芸能生活25周年のつるのの、まさかのアクシデント。それを瞬時に「笑い」に変えることのできる飯塚の手腕や、「ヒルナンデスファミリー」の温かさが垣間見える出来事であった。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント81

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ