刺しゅうから一軒家まで…趣味を超越した手作りで話題のよしもと芸人

2019/4/14 20:00 リアルライブ

渡辺直美 渡辺直美

 タレントの渡辺直美が4月から、米・ニューヨークに住んでいたことを自身の公式Instagramで明かした。自身2度目の米居住は、前回と異なり、芸術ビザ(アーティストビザ)を取得してのもの。日本にレギュラー番組を残したままの渡米となるため、今後は日米を股にかけた活動となる。

 自身がめざす「生き様が芸人」をよりグローバルに、より立体化させるため、表現者として新境地を切り開いた渡辺。同じよしもとクリエイティブ・エージェンシーには、そのアーティスト性を伸ばす活動をしている芸人が少なくない。抜きん出ているのは、バッファロー吾郎・竹若元博だろう。彼は、ズブの素人であるにもかかわらず、家族4人で住める一軒家を1人で建ててしまった。芸人に詳しい出版ジャーナリストは言う。

 「マメできめ細かい性格と、子どもの子育てと将来を考えて、都内世田谷区に住んでいた生活から一変して、最寄駅からバスで揺られるような郊外の閑静な住宅街にお引っ越しした竹若ファミリー。このとき、壁や床、家具などを5、6か月かけて、究極のDIYとして一軒家を造ったのです。図面や基礎工事、キッチン周りの一部などはプロのハウスメーカーにお願いしたそうですが、吹き抜けの天井や土間、子どもたちが遊べるウッドデッキ、廊下を利用した書斎や自分の空間ほか、住めて楽しめるアイデアが豊富。この5年、家族円満、快適ライフを送れているそうです」

 バッファローは、千原兄弟やFUJIWARAと同期。芸歴四半世紀(25年)超えの大ベテランで、初代『キングオブコント』覇者。竹若も相方のバッファロー吾郎Aも最近は、俳優兼業芸人。大忙しのため、都内で仕事を終えてからのマイホーム建設は、時間・忍耐との勝負だったに違いない。

 そんな竹若ほどのキャリアや実績はないが、ファッション業界で有名な若手芸人がいる。芸歴わずか4年のグッドウォーキン・上田歩武だ。テレビに出たのは、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「スニーカー芸人」程度だが、17年にオリジナル手刺しゅうキャップブランド「goodwalkin」を立ち上げている。独特なタッチの商品は好評を博している。

 これまで、リメイクブランド・BONUMとのコラボアイテム発売や、ポップアップイベント、ワークショップを開催。その活動は、『ZIP!』(日本テレビ系)で特集されたこともある。とはいえ、芸人稼業オンリーではまだ食えないため、アトリエは自宅との兼用。それでも、応援してくれているあまたのよしもと芸人を始め、銀杏BOYZ・峯田和伸、俳優・古田新太ほか、芸能界で愛好者は多い。

 刺しゅうから一軒家まで、よしもと芸人は多芸多才だ。
(伊藤雅奈子)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ