思春期の少年・少女たちの性への目覚めや生きることの葛藤を描く「春のめざめ」

2019/4/13 19:36 動画ニュース「フィールドキャスター」

舞台「春のめざめ」の公開ゲネプロ、囲み取材が開かれ、主演の伊藤健太郎さん、岡本夏美さん、栗原類さん、構成演出を手がけた白井晃さんが登壇。
1891年にドイツの劇作家フランク・ヴェデキントによって書かれたこの作品は、思春期の少年・少女たちの性への目覚め、生きることの葛藤、大人や社会からの抑圧などを描き、そのセンセーショナルな内容から当時、上映禁止の処分を受けた問題作。

ヴェントラ役をやってみたいと熱望し、見事選ばれた岡本さんは「やってみたいなんて軽く言えるような役ではなかったんですけど、自分が舞台を見て惹かれた役でもあったので私にとっては感動的なこと」と語りました。

また、思春期の性や心の悩みというテーマについて伊藤さんは「思春期の男の子の考えとかわかる部分すごく多いし、僕もメルヒオールに共感できる部分すごくたくさんあるので、そこをどう伝えるかというところが難しかった。」と語りました。

実際に当時、上映禁止の処分を受けた問題作ということだけあって生々しい描写も多々あるこの作品だが、いつの時代も変わらない思春期の心の揺れや、性に対する好奇心を文学的なセリフと人間味溢れる演技で見事に表現した作品となっている。

「春のめざめ」は4月13日講演開始。

#春のめざめ #岡本夏美 #伊藤健太郎

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント9

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ