Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K用のバッテリーグリップが登場。え、バッテリー変わるの?

2019/4/11 16:00 ギズモード・ジャパン

Image: Blackmagicdesign Image: Blackmagicdesign

カーボンボディのふつくしさ。

(ほぼ)毎日更新してるギズ動画を見てるうちに、漠然と「動画やりてぇな」と思ってきたこの頃。となるとポータブルシネカメラの「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K(BMPCC4K)」も自分ごととして考えられるようになってくるのですが、折しもBMPCC4K専用のバッテリーグリップが映像機器の展覧会NAB2019で発表されました。

190410bmpcbg_02Image: Blackmagicdesign

名称は「Blackmagic Pocket Camera Battery Grip」。カメラ側のバッテリースロットにガツンと差し込むタイプで、2個のソニーLシリーズバッテリーを使用し、1回の充電で2時間以上の撮影が可能になります。ん、Lシリーズ? BMPCC4KのバッテリーはキヤノンのLP-E6シリーズじゃなかったっけ?

LシリーズはLP-E6よりも大容量で、プロ仕様の照明機器に広く使用されています。1つのカメラでバッテリーのメーカーが入り交じるのはどーなのって思いますけど、バッテリーグリップを使うほどガチな人にとっては、むしろこっちのほうがありがたいって人もいるのかも。

12VのDC接続から直接充電も可能で、外付けフラッシュディスクへの給電も可能。ポケットと名乗るにはビッグなスケール感になりますが、悲痛ポイントだったバッテリーを大幅向上させられるのはグッド。まだLP-E6をいっぱい買ってない人は、こういう手段も出てきましたよ。

価格は245ドル(約2万7200円)、発売日は2019年8月ごろ。

Source: Blackmagic Design, YouTube

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント0

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ