美人アーティストが三四郎・小宮との驚きの関係暴露 「深夜3時に誘われる」

2019/4/11 12:31 しらべぇ

(画像はHONEBONE・EMILY Twitterのスクリーンショット) (画像はHONEBONE・EMILY Twitterのスクリーンショット)

(画像は

HONEBONE・EMILY Twitter

のスクリーンショット)

タクシー代やコンビニの料金を出演料代わりに支払い、自宅まで押しかけて密着取材をする人気番組『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)。

10日放送回では、2人組インディーズバンド・HONEBONEのボーカル・EMILY(28)に高円寺で声を掛け密着。三四郎・小宮浩信との意外な関係が明かされ、大きな反響が起きている。

 

■テレビでも活躍中の2人組バンド

2014年より2人組としての活動を開始。昨今は、テレビ東京『カラオケバトル』やNHK『骨の髄まで歌います』などテレビにも精力的に出演するなど、注目を集めているのがHONEBONEだ。

HONEBONE、EMILY (画像は

HONEBONE・EMILY Twitter

のスクリーンショット)

マネージャーと飲んだ帰り道に番組スタッフから声を掛けられたのは、ボーカルを務めるEMILY。彼女は笑福亭鶴瓶や堺正章など大物芸能人と親交を持っていると明かす。

さらに、バンド活動の話に花を咲かしながら自宅に向かう途中、三四郎・小宮とも関係があると語り始めた。

 

■「小宮はヤベーヤツ」

番組で一緒になったのを機に仲を深めたEMILYと小宮。「小宮さんとは高円寺でめっちゃ飲むんですよ」と小宮とは飲み仲間だと語る。

酒席での小宮は「お笑いの極意」をEMILYに伝授。「(MCや制作陣が)欲しがっているものをいかに出すか。常に考えてひな壇に居る」のが小宮の笑いの極意で、「俺を見ればわかるじゃん」と熱弁するという。

しかし自宅到着後にEMILYから小宮への不満が漏れ、小宮とのメールのやり取りが暴露される展開に。

番組の感想などを彼女が送っても小宮は無視。急に「今日どうですか?」「今どこですか?」と一方的に飲みの誘いをしてくるのだが、そういった誘いは深夜3時を過ぎた非常識な時間帯も多いと苦笑い。

小宮に対し「こういうところがヤベーヤツだなって(思う)」と本音を漏らした。

■小宮との関係に興味津々

美人アーティストと小宮との意外な関係に視聴者も興味津々。多くの感想が寄せられている。

 

■EMILYへの応援も殺到

また、ハーフであることを理由にいじめられた中学時代、重い病気を患っている現在、綴り続けている「デスノート」など、明るいキャラクターとは異なる一面ものぞかせたEMILYに応援の声も殺到していた。

 

■出演陣から小宮への苦言も

有名人に推してもらい、「PVなどもメジャー感のあるつくりにしている」のに売れていない現状を、「自分たちの実力が追い付いていない」と分析するEMILY。

それでも「夢は『紅白歌合戦』」と胸を張る彼女に、出演陣は「売れるのは時間の問題」とお墨付き。あわせて「深夜に連絡するのは辞めたほうがイイ」との小宮への苦言も口にしていた。

楽曲や歌声の素晴らしさは、すでに高い評価を受けているHONEBONEだが、大物芸能人を虜にするEMILYのキャラクターもバンドの魅力の一つ。この日も、歯に衣着せぬ彼女のトークを見てファンになった視聴者も多いはずだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント5

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ