読めたらすごい!魚へんの難読漢字ランキング

2019/4/9 11:30 gooランキング

読めたらすごい!魚へんの難読漢字ランキング 読めたらすごい!魚へんの難読漢字ランキング

現在日本には魚へんの漢字が多数存在します。寿司ネタになっている漢字がズラリと並んだ湯のみを見て、いくつ読めるかチャレンジしたことがある人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、魚へんの難読漢字について探ってみました。

1位 鯢
2位 鰄
3位 鯔

1位は「鯢」!

「鯢」
魚へんに“兒(こ)”と書く鯢。この漢字はサンショウウオ、メクジラと読みます。サンショウウオやメクジラは図鑑で見ることはあっても、カタカナ表記されていることがほとんど。
また、サンショウウオが漢字で書かれる場合でも“山椒魚”が用いられることが多く、漢字で“鯢”と書かれているものを見る機会がなかなかありません。そのため、読み方の正解を聞いてもピンとこなかった人も多く、1位となりました。

2位は「鰄」!

「鰄」
魚へんに“威(い)”と書く鰄。この漢字はカイラギと読みます。カイラギとは、刀剣の鞘や柄などの装飾などに用いられることが多い、ザラザラとしたエイやサメの皮のこと。また、粒状、縮れ状の焼き物のことを指します。
そもそも鰄を読めるかどうか以前に、カイラギ自体を知らなかったという人が多く、2位に選ばれました。

3位は「鯔」!

「鯔」
魚へんに“甾(し・かめ)”と書く鯔。この漢字はボラ、イナ、トドと読みます。“甾”はあぶらを意味する漢字であり、ボラの幼魚には脂肪がたくさんあることから、この漢字がつけられたのだそう。「鯔(とど)のつまり」という慣用句で使用されることも。しかし実際に読めないという人が多く、3位となりました。

このように、普段目にする機会が少ない魚へんの漢字が上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~27位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの魚へんの漢字を見て「読むのが難しい」と感じましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2018年6月13日~2018年6月13日

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント2

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ