「ネタりか」終了のお知らせ

いつも「ネタりか」をご利用いただきありがとうございます。

この度「ネタりか」は、2019年10月16日(水)をもちまして、サービスを終了させていただくことになりました。

これまで長きにわたりご利用いただき、ありがとうございました。

今入りたい会社ランキング1位「アマゾン」、2位「アルファベット」 ヤフーやサイバーも健闘、ITの人気好調

2019/4/4 17:56 キャリコネニュース

IT系企業の人気が高いようです IT系企業の人気が高いようです

Linkedinは4月3日、日本で初となる「TOP COMPANIESランキング(今、入りたい会社)」の結果を発表した。

LinkedInを活用して転職した人や求人をしている企業のデータをベースに、投稿記事や活動に関する情報を、「求人への関心」「企業への興味」「社員に対する注目度」「社員の定着率」の4つに分類し順位付けした。

1位はアマゾン・ドット・コム。2018年夏に目黒区の東京本社オフィスを拡張し、600種以上の植物がある緑豊かな開放的空間に生まれ変わった。ジェンダーフリーのトイレや礼拝室を設置し、多様性にも配慮している。

12位武田薬品、18位日産自動車 グローバルな採用を強化する企業がランクイン


2位はグーグルの親会社であるアルファベット。2019年中にオフィスを現在の六本木ヒルズから「渋谷ストリーム」に移転し、9年ぶりに拠点を渋谷に戻す予定だ。日本企業として唯一トップ10入りしたのは3位の楽天。英語の社内公用語化で話題を集めた同社は、今年3月に三木谷浩史社長が、社員全員にプログラミング能力を求めると発言し、再度注目されている。

4位はオラクル、5位はセールスフォース・ドットコムだった。セールスフォースはテレワークの実証実験として、内勤営業の人を中心に、和歌山県の白浜サテライトオフィスでの勤務を実施している。

このほか、6位IBM、7位SAP、9位アクセンチュア、10位シスコなど、IT系、コンサル系の企業が上位に入った。

一方、国内市場を主戦場とする企業でも、インターネット・IT企業は健闘。11位にLINE、19位にヤフー、20位にサイバーエージェントが入った。調査を実施したLinkedInはこれらの企業について、

「いずれも、若い世代を中心に広がってきた「個」を重視する価値観、「働き方改革」に伴う雇用環境の変化によって多様化する求職者のニーズに対応し、機敏に人材開発・採用手法を変えている」

と評価している。

IT系以外の日本企業では、12位の武田薬品工業や18位の日産自動車など、グローバルな人材採用を強化している企業が目立った。

このネタ読んでどう思う?

投稿ありがとうございます。
よかったらログインしてコメントも書きませんか?閉じる

このネタへのコメント6

コメントを投稿するにはログインが必要です。

ログインしてコメントを書く

カテゴリ別アクセスランキング

トップ